【定番の買い方】ZenCash(仮想通貨)の特徴・将来性・取引所

ZenCash(ゼンキャッシュ)は2017年5月30日に誕生しました。ZenCashは、ZCashからフォークしたZenClassicから、さらにフォークした仮想通貨です。ZenCashのプラットフォームであるZENは、プライバシーの保護、プライベートの通信や取引を安全に行えることを目標として開発されています。

以下、ZENの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:プライベート取引、プライベートコミュニケーションの保護、独立分散型ブロックチェーン、匿名性の担保をポリシーとしている
  • 将来性:匿名性と安全を担保できる仮想通貨・プラットフォームは、JPモルガンがZCashと技術提携をするなど、今後求められていく技術と考えられている
  • 取引所:オススメは香港に拠点を置く取引所のOKEx

ZenCash(ZEN)の今後や将来性

ニュース

IOHK との研究開発パートナーショップを発表

ZenCash開発チームは、ブロックチェーンのオープンソースソフトウェアプロジェクトである「Cardano」の開発を行っている株式会社input output HKとパートナーシップを発表しました。

このパートナーシップは、2つの重要なプロジェクトに関する研究開発で結ばれています。1つはDAOの体系化、2つめは次世代型ブロックチェーンソリューション研究です。
これによりZenCashの開発がより進むことが期待されます。

ZenCash日本のコミュニティが発足

2018年4月2日、ZenCash JapanのTwitterアカウントにて日本のZenCashコミュニティが誕生したことがアナウンスされました。
日本の取引所で購入ができないこともあり、現段階では国内での知名度はあまりありませんが、このコミュニティをきっかけに知名度が上がる可能性があります。

今後の計画

公式サイトのロードマップに記載されている主な計画は下記の通りです。

ウォレットのリリース

既にWin・Mac・Linux・Web・Android版のウォレットをリリースしていますが、新たに2018年度中に、iOS版ウォレットとハードウォレットのリリースを予定しています。

リリースされているウォレットはこちらをご覧ください。
OFFICEL WALLETS

セキュアノードの改善

ゼンキャッシュブロックチェーン上での取引により強固なプライバシー保護とセキュリティ強化を図るため、セキュアノードのアップグレードを2018年の大きな課題として挙げています。

ZenCash(ZEN)の特徴を簡単に解説

ZenCashは匿名通貨のZCashからフォークしたZclassicからフォークした仮想通貨です。ZenCashではプライバシーを保護すること、匿名かつ安全に利用できることを目指しています。

Zenのプラットフォームは、匿名性、信頼性、独立分散型を兼ね備えたプラットフォームの構築を目指しており、テクノロジー・ガバナンス・コミュニティーの構築を最善の考えとして取り入れています。

テクノロジー、ガバナンス、コミュニティー構築の最善の考え方を活用して、コミュニケーション、トランザクション、パブリッシングのための世界初のプライベート、分散、および信頼性の高いプラットフォームを構築しています。

ZenCashの3つのシステム

ZenCashは下記の3つのシステムから成り立っています。それぞれについて解説をしていきます。

  1. ZenChat
  2. ZenPub
  3. ZenHide

 

Zenchat

Zenchatとは、匿名でやりとりができる安全なメッセージアプリケーションです。Zenchat単体でもウォレットに組み込んでも利用できます。
Zenchatを利用することで、1対1や1対多のプライベートコミュニケーションの場を作り、安心してメッセージのやりとりができるようになります。

データの漏洩を防ぐためにブロックチェーン上に格納され、安全な通信のためのアルゴリズムで暗号化されます。
暗号化することで、第三者に見られることなく匿名性を保つことができます。

ZenPub

ZenPubは、検閲に耐えられるようにデータ、文書、メディアを匿名で公開する機能です。
InterPlanetary File Systemというシステムを介して、データや情報などを匿名のまま公表できます。
これによって個人が報復されることを恐れずに自由に発信することが可能になります。

ZenHide

コミュニケーションやトランザクションへの用途を想定して、プライベートかつ安全なプラットフォームを構築しています。
ZenHideは、世界規模での接続と有用性を担保するための、分散型のネットワークの基礎を形成しています。

これにより十分に暗号化されたコミュニケーションと盗聴しづらいネットワークを可能としています。

お得にZenCash(ZEM)を買いたい人にオススメの取引所

ZENは国内の取引所の取り扱いが無いので、購入を検討されるのであれば以下の海外取引所がオススメです。

取引所 特徴 サイト
OKEx 中国の3大仮想通貨取引所のひとつ 公式へ
Cryptopia 500種類以上のコインを取り扱っている 公式へ

ゼンキャッシュ(ZEN)の基本情報

通貨名(シンボル) ZenCash(ZEN)
発行上限 21,000,000ZEN
公式サイト https://zencash.com
ホワイトペーパー https://zencash.com/assets/files/Zen-White-Paper.pdf
ソースコード https://github.com/ZencashOfficial
Twitter https://twitter.com/zencashofficial

https://twitter.com/zencashjapan(日本語版)

コミュニティ https://bitcointalk.org/index.php?topic=2047435.0
The following two tabs change content below.
マサ

マサ

2017年7月から仮想通貨を始める。ビットコイン 、イーサリアム、リップルなど王道の通貨を中心に購入している。

関連記事

  1. 【定番の買い方】Lisk(リスク)の将来性・特徴と仮想通貨取引所

  2. 【トロンの今後】TRXの将来性・特徴と取引所での買い方

  3. 仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)の将来性・買い方・取引所

  4. 【2ch発の仮想通貨】NANJCOINの将来性・特徴と取引所での買い方

  5. 【定番の買い方】USDTの将来性・特徴とオススメの取引所

  6. 【ジーキャッシュ】仮想通貨ZCash(ZEC)の将来性は?買い方と取引所。

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ