【初級編】ブロックチェーンについて本当に簡単に図解で解説。

blockchain3

今回は、ビットコインの根幹の技術であるブロックチェーンについて解説します。

前回、ビットコインがP2P(peer-to-peer、個人間でやり取り)の以下の特徴を持つ決済システムであることはお伝えしました。

  • 海外送金が手軽にできる
  • 匿名(アドレスのみ開示)で送金ができる
  • 非中央集権で発行上限が決まっている

bitcoin-system1

ビットコインの根幹技術であるブロックチェーン解説の初級編となります。

「ブロックチェーンって何だ?何が凄いんだ?」という感じている方は是非見てください。

ブロックチェーンとは何か?

ブロックチェーンを一言で表すなら「台帳」です。

daicho3

 

台帳でイメージがわかない人は、「家計簿」を思い浮かべてください。

kakeibo3

家計簿には、「誰にいくら支払ったか」「誰からいくら受け取ったか」という情報(取引履歴)が書かれていますよね。

 

「家計簿か・・・大したものじゃないな」とあなどるなかれ。ブロックチェーンには、これまで行われた世界中の全ての取引が記録されています。

blockchain4

 

沢尻エ●カ「別に・・・家計簿をインターネットで作ってみんなで使えるようにすればいいんでしょ?」

では、ブロックチェーンの何が凄いかを見ていきましょう。

ブロックチェーンのメリットとは?何が凄いのか?

「誰かがインターネット上に家計簿を作り、そこにみんなで書き込むのではなぜダメなのか?」を考えながら、ブロックチェーンの凄さを学んでいきましょう。

キーとなるのは、非分散型システムと分散型システムの違いです。

system-hikaku1

管理者が一人だとサーバーをハッキングされ、全て破壊されるかも

以下の図のように中央集権型のシステムとは、ある管理者が単独でデータを管理しているようなシステムです。一方、ブロックチェーンシステムでは、複数の管理者によってデータを管理しているシステムです。

複数箇所でデータを管理しているブロックチェーンシステムでは、ハッキングなどの攻撃を受け1箇所データが破壊されたとしても分散管理されていたデータを復旧することが可能です。

data-recovery1

データのデグレ(不整合)が起こってしまうかも

一つの家計簿にみんなが同時に書き込むことを想像して見てください。

書き込まれたデータは、どう考えても無茶苦茶なものになりますよね。

ブロックチェーン では、この問題を解決するために「合意形成のプロセス」(ビットコインではPoW)という手順を踏みます。

ざっくりどういう意味かと言うと、データを家計簿に書き込む前にみんなでチェックしようと言うことです。(PoWの仕組みは中級編で書きます。)

これにより、みんなで確認した正しいデータだけがブロックチェーンに記録されます。

block-written1

過去のデータが改ざんされるかも

家計簿に一旦、正しいデータが記録されても、後からデータ(取引情報)を改ざんする人が出てくるかもしれません。

ブロックチェーンには、過去データの改ざんが出来ないような仕組みがあります。以下図のように各ブロックは、ヘッダー情報に、一つ前のブロックのハッシュ値を持っており、これが前のブロックと同じ値を保っているかどうかを確認することで、データの改ざんをチェックしています。

hash-blockchain1

もし改ざんされていた場合は、前のブロックに戻り、「合意形成のプロセス」をやりなおすことになります。

簡易な説明なので、理解が難しいとは思いますが、重要なのはブロックチェーンを用いれば過去データの改ざんが難しくなると言う事です。

様々な分野への応用が期待できるブロックチェーンという技術

ブロックチェーンを使えば、データの破壊や改ざんが難しくなるため、様々な分野への応用が期待されています。

シェアリングエコノミーとブロックチェーン

sharing-economy

UberやAirbnbをはじめとするシェアリングエコノミー業界では、「本人確認書類」などの信頼情報を用いて、ユーザ同士が安心してモノゴトをシェア可能にするビジネスを行なっています。

一方で、本人確認書類などのプライバシー情報を各事業者に渡すのは、ユーザとしては不安材料となり、事業者としては管理コストが高くなっている現状があります。

この問題を解決するために、本人確認書類をブロックチェーンを使い管理できるようにすれば、ユーザ側は安心感が増し、事業者の管理コストも下げられると考えられています。

エンタメ業界とブロックチェーン

piano1

音楽や映画などの著作権ビジネスは、コピーなどをされやすく、本来の収益を得られていない場合が多いです。

著作権管理をブロックチェーンで行えば、コピーすることが難しくなり、公平な価値の移動が可能になると考えられています。

ブロックチェーンが作る未来

ブロックチェーンを用いることで、価値の移動や情報の保護を民主化することが可能になります。

インターネットが情報を民主化し、世の中を便利にしました。しかし、インターネットだけでは。解決できなかった問題もあります。

そのいくつかの課題をブロックチェーンが解決するはずです。

応用できる分野まで考えてみると、ブロックチェーンの未来が明るいような気がしてきませんか?

The following two tabs change content below.
Shaw

Shaw

Fintech事業の立ち上げ支援を行うコンサルタント。暗号通貨の魅力や通貨を選ぶ基準などを分かりやすく伝え、業界の発展に貢献するため勉強中。

関連記事

  1. 【図解付き】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の特徴

    【簡易図付】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の事例

  2. 【初心者必読】仮想通貨の手数料・スプレッドについて

  3. airdrop-crypto1

    【最新情報更新中】エアドロップで仮想通貨を無料で受け取る方法まとめ

  4. zerokaraangoubook1

    【購入】濵津 誠氏の「ゼロから創る暗号通貨」を読んで、 ブロックチェーンを語りたい

  5. マイニング

    【仮想通貨】マイニングとは?仕組み・やり方を徹底解説

  6. 仮想通貨税金

    【学生の税金】ビットコイン・仮想通貨FX初心者が知るべき税金のすべて

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ