【中国政府も注目】仮想通貨Wavesの将来性・特徴と取引所での買い方

Wavesは2016年4月に取引が始まった仮想通貨です。
もともとNXTという別の仮想通貨から派生した仮想通貨で、誰もがトークンを発行できるプラットフォームとして注目を集めています。

以下、Wavesの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:誰もがトークンを発行できるプラットフォーム
  • 将来性:使いやすいインターフェイスに力を入れており、今後ユーザーの評判を得て行くことができれば、かなりの将来性が見込める
  • 取引所:国内取引はなし。海外ではBinanceやBittrexなど。

Wavesの今後や将来性

ニュース

中国政府が仮想通貨調査を発表

仮想通貨規制を発表してきた中国政府ですが、中華人民共和国工業情報化部が28の仮想通貨についての調査を開始することを発表しました。
これらの仮想通貨は格付けが発表される見通しで、Wavesも含まれています。

中国政府のお墨付きを得たとなれば、今後取引を行うユーザーの増加が見込めるため、大きな値上がりを見込めるかもしれません。

コンセンサス2018

コンセンサス2018は5月14〜16日にかけて米ニューヨークにて行われる仮想通貨最大級のイベントです。
2017年のコンセンサスではさまざまな発表が行われ、仮想通貨の値動きに大きな影響を及ぼしました。

Wavesは、短くはあるもののスピーチの時間が設けられているため、なにか重大発表があれば大きな値動きを見せる可能性があります。

BCEXへの上場

BCEXはバンクーバーに拠点を置く中国の取引所です。
WAVESは1月に上場しています。

噂の材料

真偽不明ですが、SNS等で期待されているWAVESの噂をまとめています。

国内取引所上場はまだ先

Wavesは誰でもトークンが発行できる仮想通貨プラットフォームですが、その分発行されるトークンも千差万別であり、その質には疑問の声が上がっています。
こうした状況から日本の取引所がWavesの取引を開始するのは、まだ先ではないかという見通しが広がっています。

Wavesの特徴を簡単に解説

Wavesは誰でも独自のトークンが発行できるプラットフォームのことです。
もともとは企業向けのプラットフォームNXTから派生した仮想通貨で、NXTの多機能性を受け継いだ仮想通貨プラットフォームとして注目を集めています。

誰もがトークンを発行できる

NXTには独自トークンを発行できる機能がついていましたが、Wavesではさらに簡単にトークンが発行できるよう改善されています。
Wavesの専用ウォレットを用意し、トークンの名前や発行上限などを入力していくだけで簡単にトークンが発行できます。

また手数料も安く設定されており、企業から個人に至るまで誰もがトークンを発行できる環境が整っています。
これまで仮想通貨を利用した新しい資金調達の形であるICOが注目を集めてきましたが、Wavesの使い方次第では個人でのICOも十分可能ということで、ビジネスの広がりに期待が集まっています。

分散型取引所の利用

通常仮想通貨を取引する場合取引所にアカウントを開設し、取引を行うことになります。
しかし取引所での取引は、2018年初頭のNEM流失事件に見られるように、もし取引所のサーバーにハッキングが起きた場合には、取引はもちろん所有していた仮想通貨すべてが失われてしまうこともあるため、不安視するユーザーも増えています。

その点Wavesは分散型取引所、通称DEXを利用しています。
分散型取引所は通常の取引所のような管理者のいる取引所ではなく、個人間で仮想通貨の取引ができる取引所のことを言います。

取引はブロックチェーン上で行い、秘密鍵も個人で管理することから、通常の取引所よりもよりセキュリティの高いシステムとして注目を集めています。
また参加しているユーザー同士で管理することから運営コストも安く済み、手数料がとられないというメリットもあります。

こうした点から分散型取引所は次世代の取引所として期待が高まっており、DEXを導入しているWavesにも注目が集まっていくものと考えられます。

お得にWAVESを買いたい人にオススメの取引所

WAVES購入を検討されるのであれば、以下サイトがオススメです。

取引所 特徴 サイト
Binance 世界有数の取引所 Binance
Bittrex 世界一の取引通貨数 公式へ

ウェーブス(WAVES)の基本情報

通貨名(シンボル) ウェーブス(WAVES)
発行上限 100,000,000WAVES
公式サイト https://wavesplatform.com/
ホワイトペーパー https://blog.wavesplatform.com/waves-whitepaper-164dd6ca6a23
ソースコード https://github.com/wavesplatform/Waves/releases
Twitter https://twitter.com/wavesplatform
コミュニティ https://t.me/Wavescommunity
The following two tabs change content below.
マリ

マリ

FXを中心にトレード歴3年。最近は、仮想通貨の銘柄調査に注力している。

関連記事

  1. 【ジーキャッシュ】仮想通貨ZCash(ZEC)の将来性は?買い方と取引所。

  2. 【定番の買い方】ZenCash(仮想通貨)の特徴・将来性・取引所

  3. 【エンジンコイン】仮想通貨EnjinCoin(ENJ)の将来性は?買い方と取引所。

  4. 【モネロの今後】XMRの将来性・特徴と取引所での買い方

  5. 【SNS系仮想通貨】Steemの将来性・特徴と取引所での買い方

  6. 【仮想通貨REP】Augur(オーガー)の将来性・特徴と取引所での買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ