【ビアコイン】仮想通貨Viacoin(VIA)の将来性は?買い方と取引所。

Viacoin(ビアコイン)は2014年7月に誕生した、オープンソースの暗号通貨です。Viacoinはスマートコントラクトに対応した分散型のプラットフォームで、デジタル投票や契約の自動化などのシステムをブロックチェーン上に実装することが可能です。
2018年2月に世界最大級の取引所、Binanceに上場したことで話題となりました。

以下、Viacoinの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:ビットコインより25倍速いトランザクション、SegWitの実装とLightningNetworkの採用
  • 将来性:Viacoinがすでに採用しているLightningNetworkは、将来性のある技術と言われていて、いち早くLightningNetworkを実装したViacoinに優位性があるとみられる
  • 取引所:オススメはアメリカに拠点を置くPoloniex

Viacoin(VIA)の今後や将来性

ニュース

世界最大級の取引所Binanceに上場

世界最大の取引量がある中国の取引所、Binanceに上場したことで大きな注目を集めました。
2018年4月10日現在、Viacoinの取引量の約33%をBinanceが占めています。
売買できる通貨は、BTC・ETH・BNBの3種類です。

これによりアメリカ(bittrex・Poloniex)、韓国(UPbit)、中国の3カ国の取引所で売買されることになり、広く流通するきっかけになりました。

 

ハードウォレットへの対応

ハードウォレットのLedger Nano SとLedger buleに対応しました。ハードウォレットに秘密鍵を保存しておくことで、より安全にViacoinを保存することが可能になりました。

今後の計画

2018年4月9日に最新のロードマップの発表がありました。公式サイトのロードマップに記載されている主な計画は下記の通りです。

RSKスマートコントラクトの導入

Rootstock(RSK)とは、ビットコインのセキュリティ面などの強みを生かしつつイーサリアムのスマートコントラクトをサイドチェーン(*)上で可能にしようとするプロジェクトです。

(*)サイドチェーンとは、1つのブロックチェーンではできなかったことや処理が間に合わないなどの問題を改善し、機能を拡大するためのブロックチェーンのこと言います。主にビットコインのブロックチェーンを親チェーンとし、その他の相互関係があるブロックチェーンをサイドチェーンと呼んでいます。

モバイルウォレットのリリース

より便利にウォレットを管理できるように、いくつかのモバイルウォレットへの対応、リリースを予定しています。匿名性に焦点をあてた「Samouraiウォレット」への対応、Android版とiOS版のViacoinオリジナルのモバイルウォレット、Vialectrum Walletのリリースを予定しています。

Viacoin(VIA)の特徴を簡単に解説

Viacoinの特徴として下記の3点が挙げられます。それぞれについて解説をしていきます。

  1. SegWitの実装
  2. LightningNetworkの導入

SegWitの実装

ViacoinはSegwitを実装しています。Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される1取引あたりのデータ量を圧縮して、1ブロックに入るデータの量を増やす技術のことを言います。

Segwitを実装する理由には、ビットコインのスケーラビリティ問題というのがあります。
スケーラビリティ問題とは、処理するデータ量が1ブロックに格納できるデータ容量を超えしまうことで起こる承認行為が遅延してしまう問題です。

Segiwtはこのスケーラビリティ問題を解決できる技術です。データの容量を圧縮することが可能で、1ブロックに格納できるデータ容量を増やすことができます。これにより処理速度を向上することが可能です。
これを実装することで、Viacoinはビットコインより25倍速い処理を実現しています。

LightningNetworkの導入

LightningNetworkとは、取引(トランザクション)をサイドチェーンで行い、処理速度の向上や機能の拡張ができる技術のことです。この技術により、送金スピードの向上・手数料の減少少額(0.00000001BTC)からの送金が簡単に行えるようになります。

このLightningNetworkとSegWitとセットで使うことで、スケーラビリティ問題を解決することが可能になります。

お得にViacoin(VIA)を買いたい人にオススメの取引所

Viacoin(VIA)は国内の取引所で取り扱っていないため、購入を検討されるのであれば以下の海外取引所がオススメです。

取引所 特徴 サイト
Ploniex 日本から取引ができる唯一の取引所 公式へ

Viacoin(VIA)の基本情報

通貨名(シンボル) Viacoin(VIA)
発行上限 23,000,000VIA
公式サイト https://viacoin.org/
ホワイトペーパー https://github.com/viacoin/documents/blob/master/whitepapers/Viacoin_whitepaper.pdf
ソースコード https://github.com/viacoin/viacoin
Twitter https://twitter.com/viacoin
コミュニティ https://www.reddit.com/r/viacoin/
The following two tabs change content below.
マサ

マサ

2017年7月から仮想通貨を始める。ビットコイン 、イーサリアム、リップルなど王道の通貨を中心に購入している。

関連記事

  1. 【定番の買い方】Lisk(リスク)の将来性・特徴と仮想通貨取引所

  2. 【icoから50倍】OmiseGOの買い方。将来性・特徴・取引所まとめ

  3. 【定番の買い方】VEN(仮想通貨)の将来性・特徴とオススメの取引所

  4. 【定番の買い方】QTUM(仮想通貨)の将来性・特徴・取引所

  5. 【取引所発行の仮想通貨】Bibox Token(BIX)の将来性・特徴と買い方

  6. 【中国政府も注目】仮想通貨Wavesの将来性・特徴と取引所での買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ