【簡易図付】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の事例

【図解付き】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の特徴

スマートコントラクトいう言葉をご存知ですか?

仮想通貨に投資した経験のある方であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。

実際のところ、スマートコントラクトは仮想通貨にとって欠かすことのできない機能の一つです。

そのため、これから仮想通貨への投資を検討している方は、その成り立ちや仕組みを知っておくことで、仮想通貨全般についてもスムーズに理解できるようになります。

そこで、この記事ではスマートコントラクトの仕組みから仮想通貨別の事例まで、スマートコントラクトについて幅広く解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • スマートコントラクトを活用することで、契約の定義から履行までを第三者が介することなく、自動で行える
  • 取引コストの大幅な削減と、契約データの安全性が保証される
  • 法的整備が追いついていないものの、今後サービスが広がっていく可能性が十分ある

スマートコントラクトの仕組みと特徴

スマートコントラクトの仕組みと特徴
ではまず、スマートコントラクトの仕組みや特徴について、具体的に見ていきましょう。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、元々は1990年代に法学者・暗号学者であるNick Szaboによって提唱された考え方であり、現在はアルトコインの一つであるイーサリアムに実装されている技術です。

この技術は、日本語に訳すと賢い(スマート)契約(コントラクト)となるように、契約をスムーズに行うことを意図しており、契約の定義から履行までを、第三者が介すことなく、すべて自動で行えることに特徴があります。

ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクト

ブロックチェーンは、ビットコインをはじめとした仮想通貨の取引を記録したり、公開する技術です。

管理者がいないことから分散型の台帳記録とも呼ばれており、取引データの改ざんが不可能であることから、取引内容の信憑性を担保する技術として定評があります。

また、スマートコントラクトは主にブロックチェーン上で動くアプリケーションであるため、契約の定義から履行まで自動で行える上、契約の内容自体を改ざんされるリスクがありません。

そのため、スマートコントラクトはブロックチェーン技術を用いることによって、契約やトランザクションを処理するにあたり、信用がきちんと担保されているのです。

スマートコントラクトの流れと具体例

スマートコントラクトの大まかな流れは、次のようになっています。

①契約条件をブロックチェーン上に記載
②契約条件が満たされる
③契約が執行される
④決済が行われる

このうち①については、スマートコントラクトの使用者があらかじめ入力しておく必要がありますが、②〜④については、①で入力したプログラムに応じて、すべて自動で行われます。

図で表すと次のようになります。
【簡易図解】スマートコントラクト

スマートコントラクトの具体例としては、よく自動販売機に例えられます。

本来、コンビニやスーパーなどで飲み物を買うとなれば、飲み物をレジまで持っていき、店員が会計することでお金と飲み物が交換されます。

そして、会計が完了することで、ようやく飲み物を受け取ることができます。

しかしながら、自動販売機には店員など存在せず、お金と飲み物の交換は自動販売機が自動的にやってくれます。

先ほどのスマートコントラクトの仕組みになぞらえると次のようになります。

①お金を入れボタンを押すと、飲み物が出てくる(契約条件の記載
②お金を入れボタンを押す(契約条件の満了
③飲み物が出てくる(契約の執行
④お金と飲み物が交換される(決済

このように、ブロックチェーン上に記載する形で、一度契約を結んでおけば、あとは自動的に実行してくれるのが、スマートコントラクトの仕組みなのです。

スマートコントラクトを活用するメリット

スマートコントラクトを活用するメリット
では、次にスマートコントラクトを実際に活用したメリットについて、見ていきましょう。

取引コストの大幅な削減

スマートコントラクトは、先ほど触れたように、一度契約を結んでおけば、あとは自動的にプログラムが実行してくれるため、仲介者が必要ありません。

そのため本来、仲介者に支払う人件費をはじめ、仲介者がいた場合にかかる時間や手間は節約され、コストが大幅に削減されることになります。

契約データの改ざん防止

契約のやりとりは、全てブロックチェーン上に書き込まれます。

そして、書き込まれた契約は、実行履歴という形で、公開および記録されるため、契約に基づいた取引の透明性は非常に高いものになっています。

それゆえに、スマートコントラクトにバクがない限り、契約を新たに改ざんしたり不正を働かせることは不可能なのです。

スマートコントラクトを活用するデメリット

スマートコントラクトを活用するデメリット
スマートコントラクトの活用にはメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

そして、このデメリットがスマートコントラクトの活用を遅らせる原因となっています。

契約が変更不可

契約の改ざんができないことは、すでにメリットとして上げました。

しかしながら、これは言い換えれば、一度結んだ契約を再度変更することができないということでもあります。

契約を仲介する第三者がいれば可能となりますが、スマートコントラクトにはその第三者が存在しないため、契約の融通が利かず、契約の変更をすることは不可能なのです。

法的規制がない

今のところ、スマートコントラクトに基づいて、定義付けされた契約を規制する法整備はありません。

それゆえに、スマートコントラクトを活用したシステムにバグが見つかり、大きな損失を被ったとしても、損害賠償などの法的処置を取ることはできない状況となっています。

近年、アメリカでようやく、スマートコントラクトの法的強制力の範囲を規定する法案が提出されましたが、可決はされておらず、法的拘束力の実現には、まだまだ時間がかかるというのが現状のようです。

スマートコントラクトにおける通貨別の事例

仮想通貨別のスマートコントラクトの事例
スマートコントラクトの技術を実装しているのは、イーサリアム以外にもさまざまな通貨があります。

また、スマートコントラクトの特徴は、仮想通貨ごとに異なっています。

スマートコントラクトについて、仮想通貨別の事例を見ていきましょう。

ビットコイン(Bitcoin)のスマートコントラクト

ビットコインのブロックチェーンには、スマートコントラクトを実装することはできないのですが、サイドチェーンを使用することで、ビットコインにスマートコントラクトの機能を補完することができます。

このサイドチェーンに契約内容を保管することができるため、ビットコインのブロックチェーンが持つセキュリティの高さや流動性を生かしたスマートコントラクトが可能となります。

イーサリアムのスマートコントラクトのように、柔軟性や拡張性はありませんが、その代わりに、高いセキュリティをベースにした堅牢性を兼ね備えており、用途を限定すれば、機能性は十分なスマートコントラクトです。

イーサリアム(Ethereum)のスマートコントラクト

イーサリアムは、ビットコインに続く時価総額2位を誇る、スマートコントラクトを代表する仮想通貨です。

取引の処理およびスマートコントラクトにはメインチェーンのみを使用しており、取引を行うのと同時に契約内容を管理し、ネットワーク上で半永久的に保存することができます。

スマートコントラクトの中でも、柔軟性と拡張性を備えてはいますが、開発言語であるSolidityが難解であることや、メインチェーンのみを使用していることから取引の処理速度が遅いといった問題を抱えています。

ネオ(Neo)のスマートコントラクト

ネオは、中国発のパブリックブロックチェーン技術を持つプラットフォーム通貨です。

中国版のイーサリアムと呼ばれるように、スマートコントラクトを実装しています。

ネオのトランザクションの処理スピードは1秒あたり1000と非常に早く、取引が遅延するスケーラビリティ問題とは無縁です。

また、スマートコントラクトの開発言語には、JavascriptやC言語など、馴染みのあるコード言語がいくつも使用可能です。

そのため、イーサリアムのスマートコントラクトと比べると、ネオのスマートコントラクトは、パフォーマンス性と拡張性において優れているのが特徴です。

リスク(Lisk)のスマートコントラクト

リスクは、分散型アプリケーションのプラットフォーム通貨であり、スマートコントラクトを実装しています。

同じような分散型アプリケーションのプラットフォーム通貨にイーサリアムがありますが、開発言語がJavascriptであること、またサイドチェーンごとにスマートコントラクトを実装しているという点において、イーサリアムとは大きく異なります。

リスクは、サイドチェーンごとにブロックチェーンアプリケーションを構成していることから、メインチェーンに負荷をかけることがないため、トランザクションの取引承認スピードは速くなります。

また、サイドチェーンごとにスマートコントラクトを行うことから、契約内容が間違えて実行された場合でも、被害を最小限に抑えることができるため、セキュリティが高いとも言われています。

このような点から、リスクのスマートコントラクトは、パフォーマンス性とセキュリティの高さに優れているのが特徴です。

スマートコントラクトを利用した関連サービス

現在のスマートコントラクト活用例
法的整備は、そこまで進んではいないものの、スマートコントラクトの活用自体は進んでおり、プラットホーム上では、すでに多くのサービスが生み出されています。

そこで、ここではスマートコントラクトを活用したサービスにはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

Mijin

mijin
https://mijin.io

Mijinは、テックビューロ社が開発した、プライベートブロックチェーンを構築し提供するサービスを展開しています。

複数のユーザー同士の契約をはじめ、複雑な計算処理や契約を、スマートコントラクトを使うことで全て自動で行うことを可能にしています。

スマートコントラクトが、契約の自動化によりユーザー同士の手間を省いていることがわかります。

imbrex

imbrex
https://about.imbrex.io

imbrexは、仮想通貨イーサリアムを活用した不動産取引サービスです。

イーサリアムのブロックチェーン技術とスマートコントラクトを用いることにより、不動産業者を仲介することなく不動産を取引することができます。

なお、契約内容はブロックチェーン上にデータ化し保存されることから、信用はきちんと担保されます。

スマートコントラクトが、不動産取引にかかる手数料や契約手続きにかかる時間を節約しており、大いにユーザーの役に立っていることがわかります。

Propy

Propy
https://propy.com

Propyは、イーサリアムのブロックチェーン上で、不動産を取引するサービスです。

アメリカのバーモンド州で、昨今このサービスを利用した不動産取引が行われ、大きな話題を呼びました。

現物で必要となるのは、不動産の権利証書だけになっており、残りの申し込みから決済、登記までは全てスマートコントラクトが行ってくれることに特徴があります。

スマートコントラクトが、証明書の管理から本人確認情報の取り扱い、登記情報データの更新まで、仲介業者が必要な業務を自動かつ安全に行うことで、ユーザー同士はお金や時間を大幅に節約することができます。

Cryptokitties

Cryptokitties
https://www.cryptokitties.co

Cryptokittiesは、イーサリアムのブロックチェーン技術およびスマートコントラクトを用いた、猫を繁殖させるゲームです。

ユーザーはゲーム内で、猫を売買したり、交配することができ、支払いにはイーサリアムが使われます。

スマートコントラクトは、これら一連のイーサリアムを用いた課金処理に利用されており、売買は全て自動で行われます。

スマートコントラクトがゲーム内で、ユーザー同士の取引を、安全かつ確実に行えるように促しています。

DigixDAO

Digix Global
https://digix.global/dgd/

DigixDAOは、イーサリアムのブロックチェーン技術および、スマートコントラクトを活用した、金の所有権情報を管理するサービスです。

現物の金をトークン化した後、Proof of Aseetと呼ばれる独自技術を使うことで、金の情報をブロックチェーン上に記録し、所有権を証明します。

スマートコントラクトはこのうち、金とトークンの間における価値を自動で交換し、取引における透明性と安全性を確保する役割を担っています。

スマートコントラクトが、金取引の処理において自動性と信用性を保っています。

ARAGON

ARAGON
https://aragon.org

ARAGONは、イーサリムのブロックチェーン技術およびスマートコントラクトを活用した、組織運営における管理ソリューションを提供するサービスです。

基本的に、組織運営というのは会計士や弁護士のような専門家を雇ったり、利権を守るといったことに非常に多くの時間や労力を使います。

このような問題を解決するにあたり、ARAGONはスマートコントラクトを用いています。

スマートコントラクトが、組織運営における契約処理をはじめとした事務処理を自動で行うことで、運営における時間と労力を節約しているのです。

district0x

district0x
https://district0x.io

district0xは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用した、マーケットプラットフォームを作れるプラットフォームです。

個人や法人が無料で独自のプラットフォームを作ることができます。

スマートコントラクトは、このプラットフォームにおける決済から投稿のリスト化、検索や評価といった処理をすべて自動で行ってくれます。

スマートコントラクトが、個人や法人がプラットフォームを運営するにあたり、低コストかつ自由に売買できることを可能にしています。

Ujo music

Ujo music
https://ujomusic.com

Ujo musicは、イーサリアムのスマートコントラクトを活用した音楽販売サービスです。

楽曲の購入者が、音楽をダウンロードすると、その売り上げが即座にアーティストに送金される仕組みになっています。

本来、音楽業界ではレコード会社の取り分が大きく、アーティストがどんなに売り上げを上げても、収入は大したものにはなりません。

しかしながら、スマートコントラクトを活用することで、楽曲販売時の売り上げで取られる中間マージンを省くことができ、さらにこの一連の流れを自動で行うことができるのです。

スマートコントラクトが、アーティストの立場を守りつつも、販売から売り上げまでのプロセスを無駄なく簡潔にしているのです。

今後のスマートコントラクトの将来性と可能性

スマートコントラクトの仕組みから、実際に活用したサービスまで幅広く解説してきました。

スマートコントラクトは、契約の定義から履行までを第三者が介さずとも行うことができるということで、ユーザーの時間やお金を大幅に節約できることがご理解いただけたかと思います。

新しい技術であることから、法的整備がまだ追いついていないのが現状ではありますが、スマートコントラクトは世界をより便利に、より快適にする可能性を秘めています。

今後のサービスのさらなる広がりとともに、将来性はますます明るいものとなっていくことでしょう。

The following two tabs change content below.
Shimonamin

Shimonamin

株歴6年目の兼業トレーダー。現在は、ICOを中心に、仮想通貨への投資にも挑戦している。

関連記事

  1. blockchain3

    【初級編】ブロックチェーンについて本当に簡単に図解で解説。

  2. zerokaraangoubook1

    【購入】濵津 誠氏の「ゼロから創る暗号通貨」を読んで、 ブロックチェーンを語りたい

  3. 仮想通貨種類一覧

    仮想通貨の種類とは?3つの分類方法を分かりやすく解説

  4. マイニング

    【仮想通貨】マイニングとは?仕組み・やり方を徹底解説

  5. 【初心者必読】仮想通貨の手数料・スプレッドについて

  6. 仮想通貨税金

    【学生の税金】ビットコイン・仮想通貨FX初心者が知るべき税金のすべて

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. コインチェック

    【2019、バブル再開か?】コインチェックの口座開設から買い方まで…

    2019.01.01

  2. フィスコ

    【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・…

    2018.12.19

  3. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  4. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  5. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

関連ページ