【icoから50倍】OmiseGOの買い方。将来性・特徴・取引所まとめ

OmiseGOはタイを中心とした東南アジアでの決済サービスを提供する企業によって開発された仮想通貨です。
OmiseのCEOは日本人であることから、タイはもちろん日本でも注目を集める仮想通貨の一つです。

以下、OmiseGOの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:日本人がCEOをつとめる企業「omise」で開発された仮想通貨
  • 将来性:東南アジアで金融機関を利用できないユーザーをターゲットにしているため、今後爆発的に広まる可能性がある
  • 取引所:国内取引所での取り扱いはないため、海外取引所で購入

OmiseGOの今後や将来性

ニュース

仮想通貨取引所事業への参入

Omiseは、2017年12月22日に仮想通貨取引所事業を運営する子会社を設立することを発表しました。
子会社の拠点や取り扱い通貨の種類については明らかにされていないものの、取引所事業も合わせて運営していくということで、OmiseGOの市場価値にも注目が集まっていくものと考えられます。

韓国の大手クレジット会社との提携

OmiseGOは韓国の大手クレジットカード企業「ShinhanCard」と提携しました。
韓国は特にクレジットカード決済の普及率が高いことでも知られていることから、OmiseGOは今後の韓国の決済システムを変えていく可能性もあります。
OmiseGOがターゲットとする東南アジアに加えて、さらに利用できるエリアが広がっていくこととなり、さらなる価値の上昇が期待できます。

噂の材料

真偽不明ですが、SNS等で期待されているOmiseGOの噂をまとめています。

bithumb上場

bithumbとは韓国で最大の取引量を誇る仮想通貨取引所で、韓国の取引量の約60%を占めています。
現在取り扱っている仮想通貨はビットコインやイーサリアムなど主要なものになっていますが、韓国版イーサリアムと呼ばれるICONも上場を果たしていることから、韓国内の企業との提携が発表されているOmiseGOも上場を果たすのではないかと噂されています。

国内取引所上場も

日本人が代表をつとめることから国内取引所上場も噂されているOmiseGO。
東南アジアに加えて日本での決済プラットフォームとしても機能することになれば、アジアで利用される仮想通貨として大きな影響力を持つことになります。
現時点では国内取引所への上場は発表されていませんが、今後公式から発表がないかはチェックしておきたいところです。

OmiseGOの特徴を簡単に解説

OmiseGOはタイを中心とした東南アジアでの決済サービスを提供する企業「Omise」が開発した仮想通貨です。
日本人がCEOをつとめることでも話題になっており、今後国内取引所でも上場になるのではないかと期待されています。

東南アジアの銀行口座を持たないユーザーをターゲットとしている

OmiseGOの最大の特長は、東南アジアの銀行口座やクレジットカードを持たないユーザーをターゲットとしていることです。
日本では誰でも銀行口座やクレジットカードを持っていますが、世界規模で見ればそうした国は一般的ではありません。

東南アジアも同じで、銀行口座の解説には多額の費用が掛かることが多く、富裕層に限られてしまっています。
その点仮想通貨での決済サービスであればスマートフォン同士で決済ができるため、スマートフォンさえもっていれば決済ができることになります。

銀行口座をもたないユーザーはおよそ70%と言われており、このユーザーを獲得することができれば、より大きなマーケットを開拓できることになります。
かつOmiseGOは経済成長著しい東南アジアをターゲットとしているため、より大きな注目が集まっているのです。

法定通貨や仮想通貨に限らずあらゆる通貨の交換を媒介できる

OmiseGOは、異なる国の法定通貨や別のブロックチェーンの仮想通貨などさまざまな通貨を媒介するシステムを有しています。
OmiseGOが利用できるエリアが広がっていけば、法定通貨と仮想通貨を自由にしかも迅速に交換し、決済できるようになるということになり、さまざまなビジネスや金融サービスの充実に大きな影響を及ぼしていくことが予想されています。

お得にOmiseGOを買いたい人にオススメの取引所

OmiseGoの購入を検討されるのであれば、以下サイトがオススメです。

取引所 特徴 サイト
Bittrex アメリカの会社によって運営されている世界最大級の取引所 公式へ
Poloniex 売買量は世界トップクラス 公式へ

オミセゴー(OmiseGO)の基本情報

通貨名(シンボル) オミセゴー(OmiseGO)
発行上限 140,245,398 OMG
公式サイト https://omisego.network/
ホワイトペーパー https://cdn.omise.co/omg/whitepaper.pdf
ソースコード https://github.com/omisego
Twitter https://twitter.com/omise_go
コミュニティ https://telegram.me/omisego
The following two tabs change content below.
マリ

マリ

FXを中心にトレード歴3年。最近は、仮想通貨の銘柄調査に注力している。

関連記事

  1. 【取引所発行の仮想通貨】Bibox Token(BIX)の将来性・特徴と買い方

  2. 【icoから1万倍】仮想通貨Verge (XVG)の買い方・将来性・取引所

  3. 【定番の買い方】VEN(仮想通貨)の将来性・特徴とオススメの取引所

  4. 【トロンの今後】TRXの将来性・特徴と取引所での買い方

  5. XEM

    【Binance上場でネムラー歓喜】NEM(XEM)の将来性・特徴と取引所での買い方

  6. LTC

    【ライトコインはどうなる?】LTCの将来性・特徴と取引所での買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ