【仮想通貨NEX】NeonExchangeの将来性・特徴と買い方

NEXとは分散型取引所と決済サービスを基本とするプラットフォームで用いられる仮想通貨のことです。
これまでは中央集権的な取引所が主流でしたが、徐々に分散型取引所に注目が集まってきており、NEXは新しい取引所の形として話題になっています。

以下、NEXはの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:分散型取引所作成プラットフォーム
  • 将来性:分散型取引所のセキュリティを保ちつつ、高速処理が行えるためかなり将来性が見込める
  • 取引所:4月でICOは終了

NEXの今後や将来性

ニュース

CNBCでNEXについての特集が放送

CNBCはアメリカとカナダを放送エリアとする放送局で、ニューヨーク証券取引所の中継やトレーダー、経営者へのインタビューなどが放送されることから、海外の投資家がよく目にするTVチャンネルです。

5月20日にはそんなCNBCでNEXが取り上げられることになり、より多くの投資家たちがNEXがに注目するようになると考えられます。

噂の材料

真偽不明ですが、SNS等で期待されているNEXの噂をまとめています。

ICOへの期待

4月8日をもってNEXのICOは終了しましたが、TwitterでもICOの抽選の可否がかなり話題になりました。

今後は通常販売となりますが、ICOでの注目度からするとかなりの値上がりが期待できそうです。

https://twitter.com/Ryugunsun/status/992083514962067456

10倍値上がり?

昨今の仮想通貨取引所で問題となっているのはセキュリティの問題ですが、その点を解決する分散型取引所プラットフォームとしてNEXにはかなりの期待が寄せられています。

なかには10倍の値上がりが期待できるのではないかとする意見もあり、今後の通常販売に期待が持てます。

NEXの特徴を簡単に解説

NEXは分散型取引所作成プラットフォームで用いられる仮想通貨のことです。

現在主要な取引所は中央集権型の取引所で、それぞれの取引所のに資金を預け、その取引所の中で取引を行うことになります。
しかし2018年初頭に起きたコインチェックのNEM流失事件に見られるように、資金を預けた取引所がハッキングされ、預けた仮想通貨が盗まれてしまう可能性があります。

その点分散型取引所は個人同士での取引が可能で、ウォレットからウォレットへの送金が可能になります。
個人での管理になるためハッキングのリスクは中央集権型の取引所よりも低くなり、より安全に取引ができるようになります。

しかしこの分散型取引所は中央集権型の取引所に比べると取引スピードが遅いという欠点がありました。
NEXは取引スピードを改善し、中央集権型の取引所レベルの取引スピードを実現したため、ICOから大きな注目が集まったのです。

オフチェーン・トレード・マッチング・エンジン

中央集権型の取引所レベルの処理スピードを実現するに至った技術がオフチェーン・トレード・マッチング・エンジンです。

オフチェーンとはブロックチェーン上に直接記録されない取引記録のことであり、このオフチェーンの注文を処理する技術のことをオフチェーン・トレード・マッチング・エンジンといいます。

オフチェーン・トレード・マッチング・エンジンを用いると毎秒10万件の取引記録を処理できると言われており、中央集権型の取引所と同等レベルでの処理が可能になります。

スマートコントラクト

スマートコントラクトはイーサリアムに実装されていることでも有名な技術です。

従来の契約では書面で契約事項を交わし、仲介者に手数料を払わなくてはならないなど時間もコストも掛かることがほとんどでした。
しかしスマートコントラクトでは契約の執行条件を予め決めておき、条件が満たされると自動的に契約が執行されるようになっています。

NEXでは特にオフチェーン・トレード・マッチング・エンジンにスマートコントラクトの技術が応用されており、取引記録や送金先などの情報をスマートコントラクトで完了させることができます。

お得にNEXを買いたい人にオススメの取引所

現在NEXを購入できるのはICOのみで、4月までに2度の抽選が行われました。

ICOは

  • 事前登録
  • 当選者発表と当選者のKYC手続き開始
  • KYC手続き締め切り
  • 当選者発表および当選者のKYC手続き開始
  • KYC手続きの締切
  • NEXトークン販売開始

といったプロセスで行われ、1度目の抽選では1000ドルまで、2度目の抽選では9000ドルまでNEXを購入することができました。

今後上場する場合どの取引所での上場になるのか、注目が集まるところです。

ネオンエクスチェンジ(NEX)の基本情報

通貨名(シンボル) ネオンエクスチェンジ(NEX)
発行上限 50,000,000
公式サイト https://neonexchange.org/
ホワイトペーパー https://neonexchange.org/pdfs/whitepaper_v1.pdf
ソースコード https://github.com/neonexchange
Twitter https://twitter.com/neonexchange
コミュニティ https://t.me/neonexchange
The following two tabs change content below.
マリ

マリ

FXを中心にトレード歴3年。最近は、仮想通貨の銘柄調査に注力している。

関連記事

  1. 【買い方】Monacoin(モナコイン)の将来性・特徴とおすすめの取引所

  2. 【バイナンスコイン】仮想通貨BNBの将来性・特徴と取引所での買い方

  3. 【定番の買い方】VEN(仮想通貨)の将来性・特徴とオススメの取引所

  4. 【2ch発の仮想通貨】NANJCOINの将来性・特徴と取引所での買い方

  5. 【定番の買い方】USDTの将来性・特徴とオススメの取引所

  6. 【トロンの今後】TRXの将来性・特徴と取引所での買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. コインチェック

    【2019、バブル再開か?】コインチェックの口座開設から買い方まで…

    2019.01.01

  2. フィスコ

    【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・…

    2018.12.19

  3. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  4. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  5. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

関連ページ