【定番の買い方】Lisk(リスク)の将来性・特徴と仮想通貨取引所

LSK(リスク)は2016年5月に公開された仮想通貨です。
スマートコントラクトを搭載した仮想通貨として有名ですが、サイドチェーンと呼ばれる新しい技術を搭載していることから、大きな注目を集めています。

以下、LSKの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:メインのブロックチェーンとは別に「サイドチェーン」と呼ばれるブロックチェーンを準備し、動作させている
  • 将来性:ビットフライヤーへの上場などから、他の国内取引所への上場への期待が持てる
  • 取引所:国内最大手のビットフライヤーが安心

Lisk(リスク)の今後や将来性

ニュース

コインチェックでの出金が一部再開

コインチェックはLSKの取引ができる数少ない取引所でしたが、NEMの不正流出事件があったことから、出金が停止になっていました。
2018年3月には出金が再開し、ビットコインやイーサリアム、ライトコイン等の出金ができるようになりましたが、LSKについては安全性が再開でき次第、再開するとされています。

LSKのCEOが日本を訪問

LSKのCEOであるMax Kordekが中国、韓国、インド等アジア各国をめぐるアジアツアーを行い、日本にも訪問しました。
日本は中国や韓国と違い、未だ厳重な規制が行われていないこともあって、アジアでの注目国として考えられているようです。

噂の材料

真偽不明ですが、SNS等でのLSKの噂をまとめています。

コインチェック騒動の際の不正送金疑惑

具体的なインサイダー疑惑となったのが、コインチェック騒動の際のLSKの大規模送金です。
多くの仮想通貨の出金が停止されている中、1月26日にコインチェックのメインウォレットから373億円分のLSKが送金されていることが明らかになりました。
ビットフライヤー上場直前であったため、「インサイダーだったのでは?」と疑われています。

Lisk(リスク)の特徴を簡単に解説

LSKは2016年5月に公開された仮想通貨の一つです。
英語の「risk(リスク)」と混合されがちなネーミングですが、全く関係はありません。

スマートコントラクトを搭載している仮想通貨としてイーサリアムとよく比較されますが、サイドチェーンなど新しい技術を搭載していることから、大きな注目を集めています。

分散型アプリケーションのプラットフォーム

Liskは分散型アプリケーションのプラットフォームです。
分散型プラットフォームは、一定のルールに基づいて仮想通貨をやり取りするアプリケーションのことで、「DApps」とも呼ばれています。

DAppsは契約実行システムの他にもSNSやゲーム、オンラインショップなどにも応用することができるため、LSKの幅広い活用が期待できます。

システムにJavaScriptを使用

LSKでは、システムの開発言語としてJavaScriptを採用しています。
ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨ではブロックチェーン構築のために専用のプログラム言語を利用しているため、技術者にとって参入しにくくなっています。

その一方でJavaScriptはWeb開発のためのプログラミング言語としてメジャーな言語の一つであるため、習得している開発者も多いのが特長です。

そのためLSKの場合、関連技術やアプリケーションの開発が他の仮想通貨に比べてハイスピードで行われており、今後の発展に期待が集まっています。

サイドチェーンの搭載

LSK最大の特長がサイドチェーンの実装です。
サイドチェーンとはメインのブロックチェーンから派生したチェーンのことで、それぞれ独立しているため、メインチェーンとは別の形で管理することが可能です。

イーサリアムはLSKと同様分散型アプリケーションのプラットフォームですが、メインチェーンがハッキングされた際には、メインチェーンをハッキング前に戻さなくてはなりませんでした。

しかしLSKの場合サイドチェーンが攻撃を受けたとしても、サイドチェーンを切り離すだけで、メインチェーンに影響を与えることなく対処することが可能です。

こうした機能を持つサイドチェーンの実装からより安全性の高い仮想通貨であると考えられており、今後も注目が集まっていくものと考えられています。

お得にLSK(Lisk)を買いたい人にオススメの取引所

LSKの購入を検討されるのであれば、以下サイトがオススメです。

取引所 特徴 サイト
ビットフライヤー 国内最大手の仮想通貨取引所 bitFlyer

リスク(LSK)の基本情報

通貨名(シンボル) リスク(LSK)
発行上限 上限なし
公式サイト https://lisk.io/
ホワイトペーパー https://lisk.io/documentation
ソースコード https://github.com/LiskHQ
Twitter https://twitter.com/LiskHQ
コミュニティ https://discordapp.com/invite/vSPFumK
The following two tabs change content below.
マリ

マリ

FXを中心にトレード歴3年。最近は、仮想通貨の銘柄調査に注力している。

関連記事

  1. 【中国政府も注目】仮想通貨Wavesの将来性・特徴と取引所での買い方

  2. 【icoから20倍】ICONの買い方。将来性・特徴・取引所まとめ

  3. 【定番の買い方】ZenCash(仮想通貨)の特徴・将来性・取引所

  4. 【モネロの今後】XMRの将来性・特徴と取引所での買い方

  5. 【ビアコイン】仮想通貨Viacoin(VIA)の将来性は?買い方と取引所。

  6. 【取引所発行の仮想通貨】Bibox Token(BIX)の将来性・特徴と買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ