complete-manual2

【初心者の90%が間違える】仮想通貨の上手な始め方・買い方

「仮想通貨で億り人を目指したいけど、始めるのは不安だ。」
「スマホで簡単に稼げると聞いたけど本当だろうか。」

人生に1度あるかないかのチャンスを逃したくはないけど、仮想通貨を始めるのに言い様のない不安がある人も多いのではないでしょうか。

この記事では、投資初心者でも正しく仮想通貨を始められるようにビットコインの買い方や必要なお金、仮想通貨取引所の使い方をまとめています。

一人でも多くの人の不安が解消され、できる限り手軽に、そして安全な運用をしていただければ嬉しいです。

仮想通貨投資は500円以上のお金があれば可能

japan-exchange

仮想通貨への投資は、500円から可能です。お金以外に必要なものは以下だけです。

【仮想通貨投資に必要なもの】

  • メールアドレス
  • パスワード ※好きなものでOK
  • 免許証 ※保険証でもOK
  • 銀行口座
  • 日本円 ※500円以上

少額から仮想通貨に投資するのがオススメ

投資初心者の方は、生活に困らない投資金額で仮想通貨投資を始めてください。

確かに仮想通貨の値動きは激しく価格が上昇する前に沢山買っておきたくなるかもしれません。一度口座開設を完了させておけば、資金を追加して投資する事に時間はかかりません。

口座開設を済ませ、まずは少額投資を行い、チャンスだと思った時にいつでも資金を追加出来るようにしておく事が重要です。

FX・レバレッジ取引は経験を積んでから行う

reverage-exchange

初めて仮想通貨を買う方は、レバレッジ取引をしないようにしてください。

レバレッジ取引は、少ない資金でも大きな取引が出来るため、魅力的ですが初心者は食い物にされてしまう事が多いため、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など有名な通貨を現物で購入しましょう。

ICOトークンを購入しない

初心者の方には、icoへの参加もおすすめ出来ません。

icoトークンは上場しなければ、無価値です。繰り返しになりますが、初心者のうちはビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの時価総額が高い通貨を購入するのがオススメです。

少額で仮想通貨の現物が買えるオススメの取引所

仮想通貨を買うためには、仮想通貨取引所に口座開設をする必要があります。

業界でセキュリティレベルが高く、手数料も安いオススメの取引所を紹介します。取引所によって購入できるアルトコインが異なるため最低限以下で紹介する取引所には登録しておくと良いでしょう。
各取引所の特徴と違いを簡単に説明していますのでチェックしてみてください。

BITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)の評判・メリット・デメリット

BITPoint(ビットポイント)は、大手金融機関出身者で創業された仮想通貨取引所です。

システムレベルに定評があり、日本の取引所のなかでトップレベルのセキュリティを誇ると仮想通貨業界の関係者から聞いています。

手数料も安く、現在最もオススメな取引所です。

無料でBITPointの口座を開設する
※キャンペーンを行なっています。

GMOコイン

gmo_0.1

GMOコインは、GMOインターネットグループの仮想通貨取引所です。

GMOはネット証券を行なっていた実績もあり、仮想通貨でも信頼のある取引所です。

サービス開始当初は、手数料が高かったのですが、現在は手数料も安くなっており、安心して利用出来ます。

無料でGMOコインの口座を開設する
※キャンペーンを行なっています。

BitFlyer

ビットフライヤー

bitFlyer(ビットフライヤー )は、日本最大手の仮想通貨取引所です。ビットコインの取引シェアが日本一である事が大きな特徴です。

私が初めて口座開設をした取引所でもあり、現在も頻繁に利用しています。

無料でbitFlyerの口座を開設する

口座開設の手順

ここでは、私が初めて口座開設を行なった取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)を例に説明します。
※まずはご自身で口座開設を行なってみて、分からない箇所があれば以下を参考にしてみてください。

サイトにアクセスする

はじめに公式サイトにアクセスします。

bf001

 メールアドレスを登録する

メールアドレスを入力し、「無料でアカウント作成」をクリックしてください。

bf002

キーワードを入力する

登録したメールアドレスに届く、キーワード情報を入力してください。

※迷惑メールやプロモーションフォルダに入ってしまうことがあります。

bf003

bf004

利用規約を確認する

利用規約やリスク説明などを確認し、チェックボックスに入力し、「bitFlyerをはじめる」を押してください。

bf005

本人確認書類のアップロード

続いて本人確認書類のアップロードをします。

「続けてご本人確認資料を提出する」を押してください。

bf006

提出書類の種類(例えば運転免許証)を選び、画像ファイルをアップロードします。

bf007

取引目的を確認する

「続けて、取引目的等を確認する」を押下します。

bf008

当てはまる箇所を選択し、「入力する」を押してください。

bf009

銀行口座情報を登録する

「続けて銀行口座情報を登録する」を押します。

bf010_2

銀行口座情報を入力し、「登録情報を確認する」を押します。

bf011

この後、入力した銀行口座の審査が完了すると、アカウント情報が以下の図のような状態になり、銀行口座から入金が可能になります。

※クイック入金であれば、承認される前でも入金することが可能です。

bf012

お疲れ様でした。ここまでで終わればあとは入金して買うだけです。後日、bitFlyerから郵便が送られてくるので、受け取ってください。

買い方に進みましょう。

買い方:取引所へ入金し、ビットコインを買う

取引所へ入金する

サイドバーにある「入出金」メニューを押してください。

bf013

次に、「日本円ご入金」または「クイック入金」を押してください。

bf014

表示された銀行に振り込みを行う、急いでいる方は、クイック入金を使って入金してください。

入金処理が完了すると、右上のバーの「日本円」に残高が反映されます。

bf015

仮想通貨(ビットコイン等)を購入する

bitFlyerでは、取引所と販売所という2箇所で買うことが出来ます。

取引所のが手数料が安いので、基本的に取引所で買うことにしましょう。(大量のBitcoinを購入する場合は、まとめて買うことができる販売所の方が良い場合もあります。)

bf017

取引所には、大きく分けて、「取引履歴(過去の売買)」「板(現在の注文状況)」「注文ツール」の3機能を確認できると思います。

bf019

上図にもある通り、右下の注文ツールで数量と価格を入力して、「コインを買う」を押せば、その金額が注文状況(板)に反映されます。あなたが注文した金額で、コインを売りたい人がいれば、約定し、コインの購入が完了します。

実際に購入したビットコインが、サイトの右上に表示されているので、確認しましょう。

bf015

トレード方法:短期的なチャートの動きを気にしない

短期間売買は、初心者にはデメリットが多いので、まずは長期的に伸びそうな有望な銘柄を買って短期的なチャートの動きをあまり気にしないようにしましょう。

短期売買のデメリットとしては、以下です。

  • 税金の計算が大変
  • 経験やセンスがないと負ける可能性が高い
  • 疲労が溜まる

もちろん、短期売買を経験することで以下のようなメリットもありますので、余裕が出来れば試してみるのも良いでしょう。

  • 様々な銘柄に興味が湧く
  • 経験やセンスがあれば、資産を増やすチャンスが増える

短期トレード手法についても、今後追記する予定です。

セキュリティ:資産を守る方法を知る

仮想通貨資産は自分で守る意識が大切です。

セキュリティを高めるのは、面倒ではありますが、大切なことなので、仮想通貨を購入したら実施してみてください。

私が注意して行なっているのは以下、2つです。

  • 2段階認証を必ず設定
  • 複数の取引所に登録し、分散して資産を保管

2段階認証を設定する

2段階認証を設定しましょう。

「2段階認証設定を変更する」 を押します。

bf021

メールアドレス、SMS、認証アプリの3種類から選ぶことが出来ますが、今回はSMSの例をお伝えします。

「携帯電話のSMSで受け取る」を選択し、「次へ」を押してください。

bf022

すると、確認コードの入力画面に切り替わります。携帯のSMSに確認コードが送られてくるので、それを入力すれば完了です。

こうすることで、仮想通貨を外部に送付する時に、SMSでの確認が必要になります。ハッカーが不正ログインしても、その携帯を持っていなければ、外部に仮想通貨を送金できなくなります。

ハードウェアウォレットに保管する

現在、私は利用していませんが、ハードウェアウォレットというものがあります。見た目は「USBメモリ」のようなものです。

仮想通貨の保存は、ハードウェアウォレットを利用するのが、最も安全だと言われています。(取引所はハッカーの標的になりやすいため。)

トレードするための利便性や初期設定を考えると、手間がかかるというデメリットもあるハードウェアウォレットですが、長く仮想通貨と付き合っていこうと考えている方は、一度検討されることをオススメします。

過去にledger nano SとTREZORを利用してみた個人的な感想を記載します。

  • 使用性:双方非常に簡単に送金可能。初期設定は、TREZORのが簡単だった。
  • 手数料:双方安いがledger nano Sがより安かった。
  • 価格:本体価格はTREZORのが若干安かった。

個人的には、トレザーの方が使いやすかったです。

レジャーナノSの初期設定動画の紹介

レジャーナノSの解説動画を紹介します。

トレザーの初期設定・使い方動画の紹介

トレザーの解説動画を紹介します。

手間がかかるハードウォレットですが、安全な管理方法になります。時間があるときに、利用をしてみてはいかがでしょうか。

複数の取引所に登録して、資産を分散する

一つの取引所に資産を保管するのは危険です。私は以下の取引所に資産を分散して保管しています。私が利用している取引所を特徴別に比較してみます。

【私が利用している全取引所と使い道】

初めから全ての取引所に登録する必要はありませんが、徐々に複数の取引所に分散して保管するようにしましょう。

以下に仮想通貨取引所のランキングを掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【登録必須】初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキング

私が仮想通貨で資産を10倍に出来た理由

私が資産を10倍に出来たのは、「運良く」でした。

「仮想通貨は危ない・怪しい」「実態のない仮想通貨バブルは弾ける」私の周りの知り合いは口を揃えて言いました。

一方、「仮想通貨で資産が100倍になった」「嫌だった仕事をやめることができた」仮想通貨で大きく利益を出し、そんな風に話す人もいました。

当然、仮想通貨は確実に儲かるものではありません。迷いに迷った結果、ようやく重い腰を上げて、購入したのが2017年11月。ビットコイン(BTC)とリップル(XRP)を購入しました。運良くXRPを購入していたことで私は資産を増やすことが出来た訳です。

それでも半年前に参入した人とは雲泥の差があり、勿体無かったなぁと自分の行動の遅さを恨みました。

そんな良く言えば慎重な私が、仮想通貨取引をする上で大切にしていることを本記事にまとめてきました。

もし、あなたが仮想通貨に将来性を感じているのであれば、1000円から始める事が出来るのでまずは少額で投資してみる事をオススメします。

面白いもので買う前と買った後では、仮想通貨の仕組み・価値が上昇する仕組みに関する理解の深まり方が全く異なります。

投資が身近になり、お金に対するリテラシーも高まります。そういった意味でも仮想通貨を始めて良かったと思います。

少額でも良いのでビットコインなどの仮想通貨を保有し、「投資する」という感覚を身につけてみてください。

The following two tabs change content below.
Shaw

Shaw

コインボイス編集長。株式から仮想通貨やクラウドファンディングまで最新の投資情報を追い求めている。

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  2. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  3. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  4. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  5. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

関連ページ