【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・アプリの使い方

フィスコ

昨今、独立系大手の仮想通貨取引所「Zaif」の事業がフィスコ仮想通貨取引所に譲渡されたのをご存知ですか?

事業が譲渡されたことで、旧Zaifユーザーの取引口座はフィスコ仮想通貨取引所に移ることになりました。

このようなニュースからもわかる通り、フィスコ仮想通貨取引所は仮想通貨業界で今最も注目されている取引所なのです。

FISCO(フィスコ)公式サイトを見る

この記事では、フィスコ仮想通貨取引所にはどのような特徴があるのか、また、口座開設の仕方やメリット・デメリットについて、わかりやすく解説していきます。

フィスコ仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は、ぜひとも参考にしてみてください。

  • セキュリティが強固なため、安心かつ安全に取引が可能
  • 独自通貨(FSCC・CICC・NCXC)を取り扱っている
  • スマートフォン対応の公式アプリがリリースされた

フィスコ仮想通貨取引所の基本情報

フィスコ仮想通貨取引所の基本情報
フィスコ仮想通貨取引所は、2016年4月12日に株式会社フィスコによって設立された金融庁認可の仮想通貨取引所です。

株式会社フィスコといえば、金融情報の配信を事業の中核とする独立系のジャスダック上場企業です。

そのため、フィスコの子会社であるフィスコ仮想通貨取引所は、コンプライアンスやセキュリティ面に大きな強みを持ちます。

また、2018年10月10日には、テックビューロ社が運営していた大手仮想通貨取引所Zaifと事業譲渡契約を締結し、合計約73万の顧客口座を譲り受けることになりました。

したがって、フィスコ仮想通貨取引所は、大手仮想通貨取引所Zaifを引き継ぐことで、今最も注目されている仮想通貨取引所になっています。

フィスコ仮想通貨取引所の特徴

フィスコ仮想通貨取引所の特徴フィスコ仮想通貨取引所では、コンプライアンスやセキュリティが強いことに加えて、以下のような点において、その他の仮想通貨取引所にはない特徴があります。

・取り扱い通貨
・手数料
・スプレッド
・アプリ

では、それぞれの特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

取り扱い通貨

フィスコ仮想通貨取引所では、全部で6種類の仮想通貨を取り扱っています。

具体的な取り扱い通貨としては、以下のようなものです。

仮想通貨名 シンボル
ビットコイン BTC
ビットコインキャッシュ BCH
モナコイン MONA
フィスココイン FSCC
カイカコイン CICC
ネクスコイン NCXC

中でも最大の特徴は、独自通貨の存在です。

上記のグラフでは、フィスココイン・カイカコイン・ネクスコインの3種類の仮想通貨が独自通貨にあたります。

これらの独自通貨はフィスコ仮想通貨取引所以外の仮想通貨取引所では売買を行うことができません。

したがって、これら3つの独自通貨を手に入れたい方にはフィスコ仮想通貨取引所は必須の取引所になります。

なお、フィスコ仮想通貨取引所では、販売所と取引所の2つがありますが、販売所で購入できる仮想通貨はビットコインとモナコインのみです。

ゆえに、基本的には6種類すべての仮想通貨が売買できる取引所を利用することになります。

手数料

フィスコ仮想通貨取引所では、大きく分けて以下の3つの取引において手数料がかかります。

・取引手数料
・入出金手数料
・仮想通貨入出金手数料

具体的な手数料体系としては、以下のようになります。

<取引手数料>

通貨ペア Maker手数料 Taker手数料
BTC/JPY 無料 0.1%
MONA/JPY 0.1% 0.1%
MONA/BTC 0.1% 0.1%
BCH/JPY 0.3% 0.3%
BCH/BTC 0.3% 0.3%
FSCC/JPY 0.1% 0.1%
FSCC/BTC 0.1% 0.1%
CICC/JPY 0.1% 0.1%
CICC/BTC 0.1% 0.1%
NCXC/JPY 0.1% 0.1%
NCXC/JPY 0.1% 0.1%

Maker手数料とは、注文を板の気配値に並べる際にかかる手数料を指します。

また、Taker手数料とは、注文を板の気配値に並んだ既存の注文で約定させた際にかかる手数料を指します。

今のところ、取引手数料はBTC/JPYペアのMaker手数料を除くと、約定数量に対して0.1%~0.3%がかかる仕組みになっています。

<入出金手数料>

入金 出金
各銀行ごとの振込手数料 50万円未満:350円

50万円以上:756円

日本円の入金では、入金額に応じて各銀行が定めている振込手数料のみかかります。

一方で、出金の場合には50万円を基準に手数料が変わるため、注意が必要です。

<仮想通貨入出金手数料>

仮想通貨名 入金 出金
ビットコイン 0.001BTC
モナコイン 0.001MONA
ビットコインキャッシュ 0.001BCH
フィスココイン 0.001BTC
カイカコイン 0.001BTC
ネクスコイン 0.001BTC

仮想通貨の入出金にかかる手数料は、上記の通りです。

フィスコ仮想通貨取引所では、仮想通貨の入金に対しては手数料はかかりません。

しかしながら、仮想通貨の出金に対しては手数料がかかります。

具体的には、上記の金額が各仮想通貨の残高から差し引かれることになります。

FISCO(フィスコ)公式サイトを見る

スプレッド

次に、フィスコ仮想通貨取引所のスプレッドについて、見ていきましょう。

2018年12月16日現在における取り扱い通貨ごとのスプレッドは以下の通りです。

通貨ペア スプレッド
BTC/JPY 440円(0.12%)
MONA/JPY 10円(25%)
BCH/JPY 14,000円(78%)
FSCC/JPY 2.2円(13.75%)
CICC/JPY 0.15円(5%)
NCXC/JPY 7.3円(73%)

スプレッドとは、買値と売値の価格差のことであり、価格差が広がれば広がる程、一回の取引にかかるコストは大きくなります。

そして、上記の表からもわかる通り、現在のフィスコ仮想通貨取引所のスプレッドは非常に広く、コストがかかることがお分かりいただけるかと思います。

これは、昨今の仮想通貨の市況悪化を受けた結果であるとも言えますが、取引所の利用者が少ないことにより、板の気配値に置かれる注文数が少ないことに原因があります。

ポジションを取る際には、買値と売値の価格差をよく確認してからポジションを取る必要がありそうです。

アプリ

フィスコは、11月15日に仮想通貨取引所の公式スマホアプリをリリースしました。

現在は、Iphone版のリリースのみになっていますが、板取引にて主要通貨や独自通貨の売買から注文や履歴の確認、また、チャット機能を使用することが可能です。

外出先でも高いセキュリティレベル環境下で取引することができるため、アプリの利用を検討してみると良いでしょう。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

では早速、フィスコ(FISCO)に口座を開設していきましょう。

口座開設は以下の手順に従うことで、どなたでも簡単に登録することが可能です。

まずは初めに、フィスコ仮想通貨取引所の公式サイトにアクセスします。

公式サイトにアクセスしますと、最初に以下のようなトップページが表示されます。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

「新規ご登録はこちら>」と表記されたタブをクリックしましょう。

なお、クリックしますと、以下のようなユーザー登録画面が表示されます。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

使用するメールアドレスを入力し、「登録」をクリックします。

すると、入力したメールアドレス宛に確認メールが送信されます。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

入力したメールアドレスのメールボックスを開き、フィスコ仮想通貨取引所からメールアドレスの確認が届いているかチェックします。

リンクが送付されていますので、上記URLをクリックしましょう。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

そうしますと、再びフィスコ仮想通貨取引所のユーザー登録画面に戻ります。

「利用規約」および「重要事項説明」を確認した上で、ボックスにチェックを入れます。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

そして、パスワードを設定し、最後に「同意して登録」をクリックします。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

これで、フィスコ仮想通貨取引所への登録は完了となります。

次に、基本情報の入力と、本人確認手続きを行います。

赤枠で囲ってある「本人確認手続きを開始」をクリックしましょう。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

すると、ユーザー情報を登録する画面が表示されます。

ユーザー情報を登録しない限り、取引を開始することはできないため、この入力は必須となります。

なお、ユーザー情報の登録に必要なものとしては、以下のようなものになります。

・個人・法人区分
・お名前
・生年月日
・国名
・郵便番号
・職業
・取引目的
・外国PEPsに該当するか否か

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

入力が終わりましたら、「次へ」をクリックします。

そうしますと、今度は日本円の出金先となる銀行口座の登録を求められます。

入力に必要な情報として以下のようなものです。

・銀行名
・支店名
・口座種別
・口座番号

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

そして、最後に口座名義を入力します。

 

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

入力後、「次へ」をクリックしましょう。

すると、最後に電話番号の認証画面が表示されます。

この登録手続きは、任意であるため手続きをスキップすることが可能です。

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

電話番号を入力して、「次へ」を押すか「電話番号認証をスキップする」をクリックします。

そうしますと、最後に本人確認手続きとして、書類のアップロードを求められます。

本人確認書類として認められるものとしては、以下のようなものです。

・運転免許証
・在留カード
・住基ネットカード
・マイナンバーカード
・パスポート・ビザ+公的証明書(健康保険所・住民票)
・公的証明書+公共料金証明書

また、有効期限のないものに関しては発行から3ヶ月以内であること、提出する画像はカラーでなければならにことに注意が必要です。

 

フィスコ(FISCO)の口座開設・登録方法

ファイルを選択しましたら、アップロードをクリックします。

すると、ユーザー情報登録完了と表記された画面が表示されます。

これにて、ユーザー情報の登録が完了となります。

あとは、本人確認書類が承認されたことを示す郵送物が届くことで、取引を開始できます。

郵送物が届くまで、今しばらく待ちましょう。

フィスコ(FISCO)の入金・送金方法

フィスコ(FISCO)の入金・送金方法

本人確認書類の登録が終わりましたら、早速、取引口座に日本円を入金していきましょう。

フィスコ仮想通貨取引所では、どなたでも簡単に日本円を入金できる仕組みが整っています。

日本円の入金方法

まずは、公式ページにログイン後、アカウントを「アカウント」か「入出金」をクリックします。

フィスコの入金・送金方法

次に入出金と履歴にある「日本円入出金」をクリックします。

フィスコの入金・送金方法

すると、入金金額を入力するページが表示されます。

入金金額を入力し、「入金開始」をクリックしましょう。

そうしますと、振込先名義書式と振込先の口座情報が表示されますので、内容をきちんと確認します。

なお、振り込み名義書式は氏名だけでなく、ページ上部にあるユーザー識別用の数値を一緒に入力する必要があります。

氏名のほか、識別コードを忘れずに入力するようにしましょう。

あとは、指定された金額を振込先口座に入金すれば、日本円の入金手続きは完了です。

仮想通貨の送金方法

仮想通貨の送金方法は、日本円の入金同様、難しくありません。

まずは、トップページから「アカウント」か「入出金」をクリックします。

フィスコの入金・送金方法

次に、送金したい仮想通貨の入出金の項目をクリックします。フィスコの入金・送金方法

そうしますと、仮想通貨の入金用アドレスを取得する画面が表示されます。

「入金用アドレスを取得」をクリックします。

すると、入金アドレスとQRコードが表示されます。

あとは、表示された入金アドレス宛に仮想通貨を入金すれば、送金は完了となります。

FISCO(フィスコ)公式サイトを見る

フィスコの口コミ・評判

フィスコの口コミ・評判
Zaifから事業を承継したフィスコですが、口コミや評判の方はどうなっているのでしょうか。

実際のところ、現在の口コミや評判は賛否両論あります。

良い評判や口コミとしては、以下のようなものです。

フィスコはジャスダック上場企業であることから、コンプライアンスやセキュリティ面において強みがあります。

そのため、仮想通貨の盗難や取引所が破綻するリスクは下がるため、Zaifと比べると安心できるといった口コミが見られます。

しかし一方で、事業を承継したばかりであるため、以下のような口コミも散見されます。

本来であれば、注文が約定したときに来るべきメールが来ないことがあるようです。

また、フィスコ仮想通貨取引所の利用者からは、以下のような良くない口コミや評判もあります。

フィスコはZaifから事業を承継したとはいえ、利用者があまり多くないのが現状のようです。

そのため、仮想通貨の出来高が少なくなることによって、スプレッドが広がり、取り扱い通貨を割高で購入しなければならない状況になっています。

仮想通貨の市況悪化を受けていることも考えられますが、利用者が増えて来ないことには、仮想通貨の購入に踏み切るのは中々難しいのかもしれません。

フィスコ(FISCO)のメリット

フィスコ(FISCO)のメリット
フィスコ仮想通貨取引所を利用することには、以下の3つのメリットがあります。

・セキュリティが安心・安全
・独自通貨が購入可能
・旧Zaifユーザーの利便性が高い

フィスコ仮想通貨取引所のセキュリティレベルは非常に高いです。

というのも、仮想通貨をインターネットに繋がらないコールドウォレットで保管していることに加え、秘密鍵を分割して管理するマルチシグを採用しているからです。

その他にも各種セキュリティテストを実施するなど仮想通貨の保管や管理を徹底しています。

また、独自通貨が購入可能であることも大きなメリットでしょう。

なぜなら、このトークンと呼ばれる独自通貨はフィスコ仮想通貨取引所でのみ売買することが可能であるからです。

フィスココイン・カイカコイン・ネクスコインを手に入れたいユーザーには必須の取引所であると言えます。

そして、最後のメリットがユーザーの利便性が高いことです。

フィスコ仮想通貨取引所は旧Zaifの取引システムを利用していたことから、チャート機能や注文発注機能がZaifと非常によく似た仕様になっています。

そのため、旧Zaifのユーザーにとっては、非常に使いやすい取引所であると言えるでしょう。

フィスコ(FISCO)のデメリット

フィスコ(FISCO)のデメリット
フィスコ仮想通貨取引所を利用することには、以下のようなデメリットがあります。

・取り扱い通貨数が少ない
・レバレッジ取引ができない
・取引量が少ない

フィスコ仮想通貨取引所では、取り扱い通貨数が独自通貨合わせて6種類のみとなっています。

そのため、リップル(XRP)やネム(NEM)をはじめとした、さまざまな仮想通貨を取引したいユーザーにとっては、若干の物足りなさを感じるでしょう。

また、その他の仮想通貨取引所では導入されていることが多い、レバレッジ取引に対応していないため、自己資金を超えた取引を行うことができません。

したがって、利用用途が短期トレードというよりも長期保有を前提とした現物取引に限られてしまうことが難点になります。

そして、最後のデメリットは取引量が少ないことにあります。

取引量が少ないことによって、板の気配値に注文が集まらず、スプレッドの広がりや希望する値段で約定しにくい事態を招いています。

その他の仮想通貨取引所と比べて、約定価格が割高になる恐れがあるため、注意が必要です。

まとめ

フィスコ仮想通貨取引所について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

旧Zaifから事業を承継したことで話題を集めていますが、利用するにあたっては今一度メリット・デメリットを考えてから使いたいところですね。

今後のさらなる機能のアップグレードに期待しましょう。

FISCO(フィスコ)公式サイトを見る

The following two tabs change content below.
Shimonamin

Shimonamin

株歴6年目の兼業トレーダー。現在は、ICOを中心に、仮想通貨への投資にも挑戦している。

関連記事

  1. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

  2. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方法・使い方

  3. cryptobridge1

    CryptoBridge(クリプトブリッジ)の特徴と登録方法をまとめました。

  4. 【気になる評判】BTCbox(BTCボックス)の取り扱い通貨と登録方法まとめ

  5. GMOコインの口座開設・登録方法【初めての方必見】

  6. 【登録方法まとめ】QUOINEX(コインエクスチェンジ)の取り扱い通貨

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. コインチェック

    【2019、バブル再開か?】コインチェックの口座開設から買い方まで…

    2019.01.01

  2. フィスコ

    【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・…

    2018.12.19

  3. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  4. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  5. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

関連ページ