【仮想通貨】マイニングとは?仕組み・やり方を徹底解説

マイニング

最近よくテレビやネットのニュースで、マイニングという言葉を耳にする機会がありますよね。

どこどこの会社がマイニング事業に参入するとか、どこどこの国がマイニングを規制するなど、国や企業は仮想通貨のマイニングに対して、注目していることが伺えます。

また、仮想通貨に精通している人の中には、マイニングを自ら行っている人もいます。

しかしながら、仮想通貨を詳しく知らない初心者の方からしてみれば、マイニングとは一体何のことなのか、わからない人が大半なのではないでしょうか。

実際のところ、仮想通貨におけるマイニングという作業は仮想通貨を知る上で必要不可欠な要素です。

そこで、この記事では仮想通貨のマイニングについて、

1.そもそもマイニング(採掘)とは?
2.仮想通貨マイニング(採掘)の仕組み
3.仮想通貨マイニング(採掘)のやり方
4.マイニング(採掘)の報酬
5.マイニング(採掘)のおすすめ業者

以上5つの観点から、仮想通貨のマイニングについて解説していきます。

仮想通貨のマイニングについて知りたい方の参考になると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • マイニング作業には仮想通貨の取引承認と新規発行という二つの役割がある
  • マイニングとはナンスを見つける作業である
  • マイニングのやり方にはプールマイニング、ソロマイニング、クラウドマイニングの3種類がある

マイニング(採掘)とは?


仮想通貨におけるマイニングとは、コンピューターの計算能力を使って取引の承認や確認作業を行うことで、正しい取引記録を取引台帳に追記する作業です。

マイニング作業を行う人はマイナーと呼ばれ、マイナーは取引を記録する作業を手伝った対価として新たに発行される通貨を報酬として受け取ることができます。

整理するとマイニングには大きく分けて二つの役割があります。

仮想通貨の取引承認
仮想通貨の新規発行

では、それぞれをさらに詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の取引承認

先ほど少し触れた取引台帳というのは、インターネット上にあるブロックチェーンと呼ばれるものです。

耳にしたことがある方もいるかもしれませんね。

仮想通貨の取引は、マイナーが記録と承認をすることによる、ブロックの生成を持って完了します。

この取引を記録したブロックがチェーンのようにつながっていくため、ブロックチェーンとなります。

マイニングとは結局のところ、取引を記録および承認することでブロックをチェーンの末尾につないでいく作業になります。

また、一度ブロックが生成されると取引の改ざんを行うことはできなくなるため、不正防止という意味でもマイニング作業は役に立っています。

仮想通貨の取引を承認し、滞りなく行うのに必要不可欠な作業がマイニングなのです。

仮想通貨の新規発行

また、マイニング作業は仮想通貨の新規発行を促します。

実際のところ、何も得られるものがないのにわざわざコンピューターの計算力を提供して、取引承認作業を行うマイナーはいないでしょう。

マイニング作業を成功させた人にはやはり、新規に発行した通貨を受け取るという形で報酬があるのです。

この新規発行された通貨の報酬というのは、ブロックを生成した時のコインベースと呼ばれる特別なトランザクションによって実行されます。

ブロックの生成者のみがこの報酬を受け取れるため、いかに高性能かつ大量のコンピューターを揃えるかが大事と言われる所以がここにあります。

報酬として新規発行の仮想通貨を受け取れるというのは、マイニング作業を行うにあたり強い動機付けになっているのです。

仮想通貨マイニング(採掘)の仕組み


では、次にマイニングがどのように行われているのか、その仕組みについて見ていきましょう。

ナンス値とハッシュ値

マイニング作業では、ブロックを生成することで取引を承認する役割があることは先に述べましたが、このブロックを生成するにはナンス値と呼ばれる数値を見つけることが必要になります。

マイニング作業とは言い換えれば、このナンス値を見つける作業なのです。

ナンス値は32ビットの数値で構成され、その数値を見つけるにはハッシュ関数から導きだされたハッシュ値が必要になります。

ハッシュ値の前にある0が並んだ数値がナンス値であり、この画像のように頭16桁の数値をすべて0にした時、ブロックが生成され、他の参加者たちから正しいブロックであると承認されることで、マイニング作業が成功することになります。

このナンス値の頭16桁を0にするためには、ハッシュ値に対応させるためにひたすら計算を繰り返す必要があります。

しかもその計算は代入して出せるような式や法則は存在しないため、総当たりで片っ端しから計算しなければなりません。

計算回数の目安としては、マイニングのコンセンサスアルゴリズムの種類によっても変わりますが、ビットコインの場合ですと10分間に10の20乗という途方もない回数の計算が求められます。

マイニング作業を成功させるためには、膨大な計算量が必要になるのです。

ディフィカルティ(採掘難易度)

また、ナンス値を算出し、ブロックを生成するのにもディフィカルティと呼ばれる難易度が定められています。

この難易度は採掘難易度と呼ばれ、ブロックのハッシュ値と比べて、小さければ小さいほど採掘が難しいことを示します。

ハッシュレートと呼ばれる採掘速度を加味した上で、ビットコインの場合ですと10分に1個のブロックが発掘されるように適切な値が設定されるようになっています。

採掘難易度は仮想通貨によるものの、だいたい2週間に1度程度のペースで見直され、調整されます。

現状ですと、マイニングの競争は激化の一途を辿っていることもあり、採掘難易度は非常に高く、個人では到底太刀打ちできないところまで来ています。

仮想通貨マイニング(採掘)のやり方

仮想通貨のマイニングのやり方には主に3つの種類があります。

・プールマイニング
・ソロマイニング
・クラウドマイニング

それぞれどんな方法でマイニングを行うかによって、報酬金額をはじめ、必要とされるものや手数料のようなコストが異なってきます。

どの方法もメリットとデメリットの両方があるため、自分に最も適したマイニング方法を選択することが大切です。

プールマイニングとは?

プールマイニングとは、複数のマイナーが協力してマイニングを行う方法です。

マイナー同士がパソコンの処理能力をインターネットを経由して提供することで演算処理を行うことから、大規模なマイニングの設備を持たない個人であっても安定したマイニング報酬を受け取れるのが特徴です。

また、マイニング報酬はそれぞれのマイナーの貢献度に応じてマイニングした通貨で支払われるため、提供したマシンパワーが大きいほど有利になります。

基本的にマイニングを行うには機材を揃えなければなりませんが、このプールマイニングではマイニングプールを提供しているマイニング専用ソフトやマイニングしたい通貨のウォレットをインストールするだけでできるため、設備投資額は安く、ランニングコストも電気代だけとなっています。

このようにプールマイニングは、個人でも安定したマイニング報酬を受け取れることと、マイニングを行うためのコストの安さがメリットなのです。

一方で、デメリットもやはり存在します。

それはマイニング報酬が安定している反面、報酬の金額自体は少なく、大きな収入が得難いことです。

マイナー同士で協力しているため、一人あたりの取り分は必然的に少なくなってしまうようです。

また、少額ではありますがマイニングプールを提供している事業者に支払う利用手数料出金手数料がかかることにも注意が必要でしょう。

以上のことからプールマイニングは、始めるにあたって敷居が低くリスクが小さい一方、同時にリターンも小さいマイニング方法と言えます。

ソロマイニングとは?

ソロマイニングとは、自分ひとりでマイニングを行う方法です。

プールマイニングのようにマイナー同士が協力するということがないため、マイニング報酬は大きな金額となります。

また、自分ひとりで行うことから、マイニングプールを提供している事業者に手数料を支払うことがありません。

これだけ聞くと良いことづくめのように感じるかもしれませんが、やはりデメリットは存在します。

ソロマイニングの場合、自分ひとりでマイニングを行う性質上、マイニング報酬は多額である反面、マイニングに成功する確率は低く、日々の収入にはどうしてもばらつきが出てきてしまいます。

さらに機材やICチップなどマイニングを行うにあたって必要なものを自分で準備する必要があるため、コンピューターに対する深い知識が求められます。

そのため、ソロマイニングを始める敷居は高く、たとえ開始したとしてもどれくらいの報酬が上がるのかは定かではなく、不確定要素は多いものとなります。

以上のことからソロマイニングは、始める敷居が高く不確定要素が大きい反面、上手くいけば大きな報酬を得られるというハイリスクハイリターンのマイニング方法と言えます。

クラウドマイニングとは?

クラウドマイニングとは、大量かつ高性能なマイニング設備を持つ事業者と契約してレンタル代や管理手数料を支払うことで、見返りに収入を得るマイニング方法です。

自分がマイニングを行うわけではないため、ソロマイニングのように機材を揃えたり設備を管理する必要がなく、誰でも気軽に資金を出すだけで参加できるのが特徴です。

契約期間や最低購入単位は事業者によって異なりますが、1年以上の長期契約が基本であり、料金を先払いする仕組みになっています。

そのため、クラウドマイニングでは、事業者と契約するタイミングが重要になります。

というのも、クラウドマイニングの契約時点と比べて、マイニングを行う仮想通貨の価格が下がった場合、得られた利益よりも、値下がりによる損失の方が大きくなり、投資した金額が回収できなくなる可能性があるからです。

しかし逆にいえば、契約時点よりも価格が上昇すればその分得られる利益が増えるため、最初に投資した金額さえ回収できれば契約期間が終了するまで収益を上げることができます。

また、事業者の中には契約期間中に倒産したり、資金を持ち逃げされるなどのリスクもあるため、クラウドマイニングでは契約内容がきちんとしているか確認した上で、投資することが鉄則となります。

以上のことから、クラウドマイニングのメリットには初期投資が非常に少なく資金を出すだけで良いという手軽さに加え、利益を出しやすいことが挙げられます。

その一方で、デメリットにはマイニングする仮想通貨自体の値下がりリスク倒産および持ち逃げリスクが挙げられます。

クラウドマイニングは、ミドルリスクミドルリターンのマイニング方法と言えます。

マイニング(採掘)の報酬


ここまでは、マイニングのやり方について解説してきましたが、実際のところ、マイニングの報酬ってどのくらい儲かるのでしょうか。

ビットコインの場合とアルトコインの場合に分けて、見ていきましょう。

ビットコインマイニング

2018年現在のビットコインのマイニング作業に対する報酬は、約12.5BTCになっています。現在のビットコインの対日本円レートが約70万円で推移していることを考えると、日本円でおよそ8,750,000円ということになります。

10分間に一度、マイニングの報酬が受け取れることを考えると金額的には悪くありません。

しかしながら、マイニングの参加者たちは大きな資本を持つ国や企業ばかりであることからも、個人でマイニングに成功し、報酬を受け取れるのは不可能に近いでしょう。

また、ビットコインにはマイニング報酬の半減期というものが定められており、21万ブロックが生成されるごとにマイニング報酬の金額が減少することになっています。

過去には2012年と2016年に半減期があり、次の半減期には2020年が予定されています。

半減期はビットコインの急激な価値の変化を防止する狙いがあり、半減期を定めることで過度なインフレを防いでいるのです。

チャンスはかなり少ないと思いますが、それでもビットコインのマイニングをやりたい場合には、半減期を頭に入れた上で、ビットコインのマイニング事業を行っているクラウドマイニングに出資したり、プールマイニングに参加する方がソロマイニングと比べても期待値が高いと言えるでしょう。

アルトコインマイニング

では、アルトコインのマイニングの場合はどうでしょうか。

アルトコインのマイニングもビットコインのマイニングと基本的な原理は同じであり、パソコンを提供することで報酬を受け取ることになります。

アルトコインはビットコイン以外の通貨であり、1,000種類以上あることからビットコインのマイニング参加者と比べると大手が参加しづらい側面があるのかもしれません。

おすすめはプールマイニングが良いとされており、中でもマイニング報酬が高いのは現在のところ、モネロ(XMR)となっています。

アルトコインのマイニングプールを提供しているマイナーゲートが提供している現在のマイニング収益のデータによれば、モネロ(XMR)の報酬が他の取り扱いアルトコインと比較して、良いことが伺えます。

モネロの24時間あたりのマイニング報酬は対ビットコインで0.00014BTCとなっています。

現在のビットコインの価格が約70万円であることを考えると、日本円で1日約98円のマイニング報酬が得られるということです。

電気代やある程度のパソコンの機材を揃えるといったコストがかかる可能性はありますが、1日100円近くのマイニング報酬は得られるということになります。

おすすめのマイニング(採掘)業者


最後におすすめのマイニング業者について紹介します。

プールマイニングやクラウドマイニングを行いたい方は、下記のような業者を利用してみると良いでしょう。

Hash Flare(ハッシュフレア)


https://hashflare.io/?lang=jpn

Hash Flare(ハッシュフレア)はエストニアに本社を構え、2015年から現在までに3年以上のマイニング実績があるクラウドマイニングサービスを展開する会社です。

日本語に対応していることに加え、マイニング契約のコースは1年間と長期間ではないため、比較的リスクが低いのが特徴です。

また、契約したあとも自動で再投資ができる仕組みを導入していることから複利効果を得ることができることもハッシュフレアを利用する大きなメリットです。

取り扱い通貨
・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・ジーキャッシュ(ZEC)
・ダッシュ(DASH)

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)


https://www.genesis-mining.com

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)は、2014年にクラウドマイニングサービスを開始した、アメリカとアイスランドでマイニングを行っている会社です。

日本語に対応していることに加え、契約プランはハッシュパワーに応じて三段階に分かれているため、少額からでも参加できることが特徴です。

また、契約期間は基本的に2年間となっていますが、ビットコインに対しては永久採掘権と呼ばれる契約期間の定めがないプランが存在することも人気の理由の一つとなっています。

取り扱い通貨
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ダッシュ(DASH)
・ライトコイン(LTC)
・モネロ(XMR)
・ジーキャッシュ(ZEC)

Miner Gate(マイナーゲート)


https://minergate.com

プールマイニングを行うにあたり、代表的なインストール型のソフトです。

インストールを完了しさえすれば、ボタンをクリックするだけでマイニングを行うことが可能になるため、初心者でもすぐに始められます。

マイニングを行うことができる通貨はアルトコインを中心に10種類以上あり、個人がマイニングを行うにはおすすめのマイニングソフトとなっています。

取り扱い通貨
・モネロ(XMR)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・バイトコイン(BCN)
・ファクトム(FCN)
・デジタルノート(XDN)
・アイオン(AEON)など

仮想通貨マイニングの現在と今後

以上、仮想通貨のマイニングについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

マイニングは報酬を得るためだけの作業かと思いきや、仮想通貨の取引においてなくてはならない作業であることがおわかりいただけたでしょう。

現在のところ仮想通貨市場は全体的に下落傾向にありますが、マイニングは長期的な値上がりを見越して行うため、価格が底値であることはタイミングとしては悪くないのかもしれません。

興味がある方はぜひマイニングに参加してみましょう。

The following two tabs change content below.
Shimonamin

Shimonamin

株歴6年目の兼業トレーダー。現在は、ICOを中心に、仮想通貨への投資にも挑戦している。

関連記事

  1. 仮想通貨税金

    【学生の税金】ビットコイン・仮想通貨FX初心者が知るべき税金のすべて

  2. 仮想通貨種類一覧

    仮想通貨の種類とは?3つの分類方法を分かりやすく解説

  3. 【図解付き】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の特徴

    【簡易図付】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の事例

  4. blockchain3

    【初級編】ブロックチェーンについて本当に簡単に図解で解説。

  5. 【初心者必読】仮想通貨の手数料・スプレッドについて

  6. zerokaraangoubook1

    【購入】濵津 誠氏の「ゼロから創る暗号通貨」を読んで、 ブロックチェーンを語りたい

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. コインチェック

    【2019、バブル再開か?】コインチェックの口座開設から買い方まで…

    2019.01.01

  2. フィスコ

    【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・…

    2018.12.19

  3. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  4. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  5. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

関連ページ