仮想通貨の種類とは?3つの分類方法を分かりやすく解説

仮想通貨種類一覧

「仮想通貨に興味はあるけど、種類がたくさんあるし、どの通貨を買えばいいのかわからない。」

初心者が仮想通貨への投資を見送る、よくありがちな理由かもしれません。

実際のところ、仮想通貨はその仕組みから成り立ち、機能などさまざまな点において通貨ごとに異なる特徴を持っています。

そして、優れた特徴を持つ仮想通貨ほど値上がりする傾向があります。

言い換えれば、仮想通貨の種類や特徴をあらかじめ把握しておくことで、投資のパフォーマンスを向上させることができるのです。

そのため、この記事では仮想通貨の種類や特徴について、

1.マイニングによる分類
2.スイスFINMAによる分類
3.日本で買える仮想通貨ごとの分類

以上、3つに分類し、それぞれの側面から仮想通貨の種類や特徴について解説していきます。

そして、それら3つの分類についての解説を踏まえた上で、初心者が購入するのにおすすめの仮想通貨について紹介していきます。

  • マイニング方式にはPoW・PoS・PoC・PoIの4種類があり、そのそれぞれに長所と短所がある
  • ICOトークンは3つの類型に分類でき、その各々によって規制や取り扱いが異なる
  • 仮想通貨にはさまざまな特徴があり、把握しておくことで投資する際の役に立つ

マイニングによる分類


仮想通貨におけるマイニングとは、ブロックチェーン上に取引を記録し、検証する作業のことを指します。

仮想通貨は、法定通貨における銀行のような管理者が不在であるため、マイニングの参加者各々がパソコンの処理能力を提供することで、不正や二重払いなどが起こらないように取引データの整合性を取っています。

逆に言えば、マイニングを行わなければ、取引承認や確認作業ができなくなるため、ビットコインを始めとした仮想通貨を売買したり、送金することができなくなります。

仮想通貨において、マイニングはなくてはならない作業なのです。

そして、ブロックチェーン上に取引を記録・承認するマイニングの作業は、誰がどのような方法で行うのかというルールが仮想通貨ごとに異なります。

コンセンサスアルゴリズムと呼ばれているこのルールですが、現存する仮想通貨には以下のような種類がありますが、上記のような問題点を克服することが課題となっています。

・PoW(Proof of Work)
・PoS(Proof of Stake)
・PoC(Proof of Consensus)
・PoI(Proof of Importance)

マイニングの作業におけるルールの種類は、このような4つに分かれるわけですが、その各々のルールによって異なる特徴を持っているため、それぞれの長所と短所をしっかりと認識しておくことが大切です。

PoW(Proof of Work)とは?

PoW(プルーフオブワーク)とは、マイニングの作業において一番メジャーかつ、最初に作られたコンセンサスアルゴリズムの方式です。

日本語に訳すと「仕事量による証明」となるように、ブロックチェーン上に取引を記録し検証するにあたり、コンピューターによる膨大な計算量が求められるのが特徴です。

PoWでは膨大な計算をこなした後、最初に正解を出したコンピューターが勝者となり、それ以外のコンピューターが敗者として分けられます。

敗者は勝者が出した答えを確認し、承認するわけですが、この承認には世界全体の敗者のうち、過半数による承認が必要となります。

過半数の承認が得られた場合には、正式なブロックが生成され、ブロックチェーン上の最後に取り付けられます。

そして、最初に正解を出した勝者は報酬を受け取ることになるのです。

大まかなPoWの流れはこのようになっていますが、最初の正解を出す勝者になるためには、世界中に存在する高性能なコンピューターに勝たなければならないため、非常に処理能力の高いコンピューターを用意しなければなりません。

また、コンピューターの高い処理能力を維持するためには大量の電力を消費することになります。

このような点から、PoWの方式は、マイニングに誰でも参加できるものの、報酬を得るのは潤沢な資金を持つ一部の企業や資産家に限られることに加え、消費電力の観点から見ても環境に悪いことが問題になっています。

PoWの問題点
・資金を持っているほど有利
・地球環境に悪い
・過半数を上回るマイナーが現れると意図的な不正取引が可能

PoWをコンセンサスアルゴリズムに採用している仮想通貨には、Bitcoin(ビットコイン)をはじめ、Monero(モネロ)やZcash(ジーキャッシュ)など数多くありますが、上記のような問題点が課題として残っています。

PoS(Proof of Stake)とは?

PoS(プルーフオブステーク)とは、仮想通貨の保有量を考慮に入れたコンセンサスアルゴリズムの方式です。

日本語に訳すと、「出資額の証明」となるように、保有している仮想通貨のシェアに応じて、取引を記録する際のブロック承認確率が変わってくるのが特徴です。

高性能なコンピューターによる膨大な計算量が要求されることはないため、大量の電力が消費されることはありません。

また、仮想通貨の保有量が何よりも重要視されることから、不正を行うと保有通貨の価値の減少につながるため、不正取引を未然に防ぐことが可能です。

このようにPoSは、PoWの問題点のいくつかを解消できるものであり、実際のところ、2012年のビットコインのマイニング問題の解決策として提案された仕組みなのです。

一方で、PoSにもそれなりの問題点は存在します。

その問題点とは、売る人がいなくなることによって流通が起こりにくいことや資金が多いほど保有量が増えて有利になることから富が集中しやすいことなどが挙げられます。

また、マイニング報酬だけでなく通貨自体の価格変動リスクも考慮に入れる必要があるでしょう。

PoSの問題点
・流通が起こりにくい
・資金があるほど有利
・保有量に応じた価格変動リスクを考慮しなければならない

PoSをコンセンサスアルゴリスムに採用している仮想通貨として代表的なものには、Ethereum(イーサリアム)があります。

PoWの問題点のいくつかを解消していることは大変良いことですが、資金があるほど有利であるという点に変わりなく、仮想通貨の保有者はPoW以上に流動性や価格変動のリスクに注意を向ける必要があるのです。

PoC(Proof of Consensus)とは?

PoC(プルーフオブコンセンサス)とは、あらかじめ決められた承認者が有効だと判断した取引のみを認めるコンセンサスアルゴリズムの方式です。

日本語で訳すと、「合意の証明」となるように、事前に選定された承認者たちの合意に基づいて取引が行われるため、取引の承認スピードが早いことが特徴です。

信用力が高い承認者たちの判断だけで、ブロックチェーン上に取引が承認されることから、時間と労力を要しないのです。

このような承認スピードが最大のメリットであるPoCですが、言い換えれば、一部の承認者たちが管理する体制とも取れるため、仮想通貨の特徴である不特定多数による非中央集権的な仕組みになっているのかが疑問点となっています。

PoCの問題点
・中央集権的な管理体制

現在、PoCのコンセンサスアルゴリズムの方式を採用している仮想通貨は、Ripple(リップル)だけになります。

あらかじめ選定されている承認者は、世間的に信用力が高い企業となっているため信頼性はPoWと比べて引けを取らないと言えますが、選定しているリップル社の信用次第なところがあります。

PoI(Proof of Importance)とは?

PoI(プルーフオブインポータンス)とは、経済への貢献度が重要視されるコンセンサスアルゴリズムの方式です。

日本語に訳すと、「重要度の証明」となるように、通貨の保有量および、その通貨をどれだけ頻繁に取引しているかに応じて、優先的にマイニング報酬を受け取れるのが特徴です。

マイニングの作業をするにあたって、高性能なコンピューターを用意する必要がないだけでなく、取引を頻繁に行うことが重要であるため、仮想通貨を持ち続けることがなくなり、通貨の流通を促すことができます。

このような点において、PoIはPoWおよびPoSのどちらの方式の欠点も補うことができる方式なのです。

PoIの問題点としては、通貨の保有量だけが重要視されるPoSほどではないものの、やはり通貨の保有量と取引量が重要視されるため、資金が多くあるほど有利になることです。

PoIの問題点
・資金があるほど有利

現在、PoIをコンセンサスアルゴリズムに採用している仮想通貨は、Nem(ネム)だけとなっています。

スイスFINMAによる分類

スイスFINMAとは、スイス金融市場監査局と呼ばれる金融市場の顧客や金融システムの保護を目的に設立された金融監督機関です。

スイスでは欧州有数の金融センターであるチューリッヒをブロックチェーンの一大拠点にするという構想が進んでおり、ICO(イニシャルコインオファリング)の数をはじめ、ICOに適用される規制に関する照会件数が増加しています。

しかしながら、現時点においてスイスではICOを規制する法律がありません。

そのため、スイス金融市場監督局FINMAは、ICOを行う予定の機関からの問い合わせを受けた際に、既存の金融市場の法律をICOにどのように適用させるのか定めたガイドラインを発表しました。

そして、このガイドラインでは各々のICOにおけるトークンを次の三つの類型に分類することで、どのような原則に基づいてICOトークンを処理するのかを検討しています。

1.支払い型(ペイメント)トークン
2.効用型(ユーティリティ)トークン
3.資産型(アセット)トークン

それぞれの分類によって、適用される金融規制や取り扱いが異なるため注意が必要です。

支払い型(ペイメント)トークンとは?

支払い型(ペイメント)トークンとは、純粋な仮想通貨と交換できることに加えて、決済以外の機能を持たないトークンです。

資金洗浄防止法の規制対象になるトークンですが、有価証券として取り扱われることはないのが特徴です。

効用型(ユーティリティ)トークンとは?

効用型(ユーティリティ)トークンとは、電子的なサービスを利用する際に使用されるトークンです。

発行された時点で、このようなサービスの橋渡しをする機能を持っていた場合には効用型(ユーティリティ)トークンと見なされます。

基本的には、資金洗浄防止法の規制対象には該当せず、有価証券とみなされることもありません。

しかしがなら、本来の機能以外に投資対象としての機能がある場合には、有価証券として扱われることがあります。

資産型(アセット)トークンとは?

資産型(アセット)トークンとは、株式や債券のような資産としての性格を持つトークンです。

トークン自体が株式や不動産などの所有権を表すため、金融市場に相応の影響をもたらすものとみなされています。

目論見書の提出を求められるなどいくつかの厳しい要件に従う必要があることが、他のトークンとは異なる特徴です。

資金洗浄防止法の規制対象になることはありませんが、所有権を表すことからも当然のことながら有価証券として扱われます。

日本で買える仮想通貨を特徴ごとに分類

次に、日本で買える仮想通貨の特徴を系統別に紹介していきます。

仮想通貨にはどのような系統があるのか知ることは、投資する上で非常に役に立ちます。

ペイメント系

ペイメント系仮想通貨とは、決済手段としての機能以外に備え付けがない仮想通貨です。

代表的な通貨としてはビットコインやビットコインから分岐したビットコインキャッシュ、またはモナコインなどが有名です。

決済通貨として利用されることがペイメント系仮想通貨では重要視されています。

代表的なペイメント系仮想通貨
・BTC(ビットコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・MONA(モナコイン)

プラットホーム(開発者用ツール)系

プラットホーム(開発者用ツール)系仮想通貨とは、分散型アプリケーションを構築するにあたってプラットホーム上で利用される仮想通貨です。

プラットホームとは、「土台となる環境」を意味しており、分散型アプリケーションとは管理者がおらずユーザー同士が相互に管理し合うサービスを意味しています。

管理者がいない非中央集権的な仕組みを作るベースとなる通貨がプラットホーム系仮想通貨なのです。

代表的な通貨としては、イーサリアムやイーサリアムから分岐したイーサリアムクラシック、またはネムやリスクなどがあります。

代表的なプラットフォーム系仮想通貨
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・NEM(ネム)
・LSK(リスク)

送金系

送金系仮想通貨とは、低コストかつ高速で送金を行うことを実現する仮想通貨です。

世界中の大企業や金融機関と連携して利用されるという構想のもと、送金から着金までの所要時間と送金手数料を大幅に削減することができます。

代表的な通貨にはリップルがあります。

代表的な送金系仮想通貨
・XRP(リップル)

取引所系トークン

取引所系トークンは、各取引所が独自に発行したトークンです。

トークンを発行している取引所で購入できることに加え、取引所内で使用することで手数料を抑えられたりといったお得な特典を受けることができます。

国内の取引所では、QOINEX(コイン)とZaif(ザイフ)がそれぞれ独自のトークンを発行しています。

代表的な取引所系トークン
・QASH(キャッシュ)
・ZAIF(ザイフ)

データ共有(ストレージ)系

データ共有(ストレージ)系仮想通貨とは、個人が所有するパソコンのストレージの空き容量を有効活用することを目指す仮想通貨です。

パソコンの空いているストレージを貸し借りする時の対価として通貨が使用されます。

残念ながら、今のところデータ共有系仮想通貨の取り扱いは国内取引所ではありません。

そのため、購入するには海外取引所を利用する必要があります。

代表的なデータ共有系仮想通貨
・SC(シアコイン)

初心者におすすめの仮想通貨

最後に、初心者が購入するのにおすすめの仮想通貨を紹介します。

これまでの解説に加え、おすすめの取引所についてもまとめていますので、参考にしてみてください。

ビットコイン(BTC)の基本情報

通貨名(シンボル) ビットコイン(BTC)
マイニング方式 PoW(Proof of Work)
特徴 ペイメント系
公式サイト https://bitcoin.org/ja/
おすすめの取引所 bitFlyer

イーサリアム(ETH)の基本情報

通貨名(シンボル) イーサリアム(ETH)
マイニング方式 PoS(Proof of Stake)
特徴 プラットフォーム系
公式サイト https://www.ethereum.org
おすすめの取引所 bitFlyer

リップル(XRP)の基本情報

通貨名(シンボル) リップル(XRP)
マイニング方式 PoC(Proof of Consensus)
特徴 送金系
公式サイト https://ripple.com/jp/xrp/
おすすめの取引所 bitbank

ネム(NEM)の基本情報

通貨名(シンボル) ネム(NEM)
マイニング方式 PoI(Proof of Importance)
特徴 プラットホーム系
公式サイト https://nem.io
おすすめの取引所 Zaif

(まとめ)仮想通貨の種類や特徴は知っているほど有利

以上、仮想通貨の種類・特徴について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

仮想通貨は通貨ごとにさまざまな異なる特徴を持っていることがお分かりいただけたかと思います。

仕組みが違えば、それだけ投資リターンも変わってくるため、知っているか否かで大きな差が生まれます。

仮想通貨の種類や特徴は知っているほど有利になるのです。

The following two tabs change content below.
Shimonamin

Shimonamin

株歴6年目の兼業トレーダー。現在は、ICOを中心に、仮想通貨への投資にも挑戦している。

関連記事

  1. airdrop-crypto1

    【最新情報更新中】エアドロップで仮想通貨を無料で受け取る方法まとめ

  2. zerokaraangoubook1

    【購入】濵津 誠氏の「ゼロから創る暗号通貨」を読んで、 ブロックチェーンを語りたい

  3. 【図解付き】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の特徴

    【簡易図付】スマートコントラクトの仕組みと通貨別の事例

  4. 仮想通貨税金

    【学生の税金】ビットコイン・仮想通貨FX初心者が知るべき税金のすべて

  5. blockchain3

    【初級編】ブロックチェーンについて本当に簡単に図解で解説。

  6. 【初心者必読】仮想通貨の手数料・スプレッドについて

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ