【スイスボーグ】仮想通貨Swissborg(CSHB)の将来性は?買い方と取引所。

Swissborg(スイスボーグ)は2018年にスイスのローザンヌで誕生した、金融サービスのオープンソース型の暗号通貨です。Swissborgはイーサリアムをプラットフォームとしており、スマートコントラクトに対応した分散型プラットフォームで、デジタル投票などを行うことができます。Swissborgは、富裕層向けの資産管理やファンドなど運用商品、ロボアドバイザリーなどの総合金融サービスを行うこと会社を目指しています。

以下、swissborgの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:富裕層向けの資産管理などの金融サービスのために開発されている
  • 将来性スイスのプライベートバンクが実施しているプロジェクトで、仮想通貨業界で最も有名な日本人であるMiko Matsumura氏がアドバイザーに就任したことで注目されている
  • 取引所:オススメは約230種類の通貨を扱っているHItBTC

Swissborg(CSHB)の今後や将来性

ニュース

第1回の国民投票が行われた

Swssborgには国民投票という制度があります。挙がった議題に対してCHSBトークン保有者が投票を行い、それぞれの事項について決定する制度です。まずCHSBトークン保有者に対し、CHSBトークンの保有量と同じ量のRSBトークンを配布します。
そして、このRSBトークンを使って投票を行います。配布されたRSBトークンを指定されたアドレスに送ることで投票が完了する仕組みになっています。

第1回の投票は、2018年4月3日から4月9日の間で行われ、4月10日に結果が発表されました。投票には4240人が参加し、CHSBトークンの発行量の51.54%が使用されました。

第1回の議題は、最初に開発するSwissborgの投資アプリをモバイルアプリ特化にさせるか、レスポンシブ対応のWebサイトにするかでした。
結果は、モバイルアプリに特化が55%、レスポンシブ対応のWebサイト45%となり、モバイルアプリの開発が採用されました。

 

世界最大のマイニング専門企業Bitmainの出資を受ける

Bitmainは世界最大のマイニングの専門企業です。Bitmainの子会社にBTC.comとAntPoolという企業があり、この2つの企業でマイニングのハッシュ全体の約30%を占めています。(2018年4月15日時点)

マイニングとは過去の取引情報のデータの整合性を取りながら、二重払いや不正を防ぐための承認・確認作業を行うことと言います。

今後の計画

公式サイトに下記のロードマップが掲載されています。

Wealth Manager

  • スイス規制金融アドバイザー
  • オフチェーン型仮想通貨ファンド
  • トークンヘッジファンド
  • ユーザーダッシュボード

Cyborg Wealth Manager

  • 国際的な規制に基づいた財務アドバイザー
  • テーマ特化型のトークンファンド
  • スマート資産運用
  • 決済ソリューション
  • ICOプラットフォーム

Wealth Manager

  • 国際的な規制に基づいた金融機関
  • アクティブ型マネージドトークンファンド
  • AIスマート資産運用
  • アセットトークン化
  • トークンの取引プラットフォーム

Swissborg(CSHB)の特徴を簡単に解説

Swissborgの特徴として下記の2点が挙げられます。それぞれについて解説をしていきます。

  1. 国民投票
  2. CHSBトークン保有者先行特典

国民投票の参加

前述したとおり、Swissborgには国民投票という独自の制度があります。保有するCSBHと同数のRSBトークンを受け取り、それで投票をします。この投票には特典があり、RSBトークンで投票することによって、1RSBトークンあたり0.01CHSBトークンが報酬として受け取れます。

報酬を用意することで、積極的にユーザーの声を拾って開発をすすめるとともに、ユーザーはトークンを受け取れるので、双方にとってメリットがあります。

 

CHBCトークン保有者先行特典

CHBCトークンを保有しているユーザーには、優先的にアクセスしたり、閲覧できる特典があります。
特典は下記の3つです。Swssborgを応援したい、投資先として利用したいユーザーには嬉しい特典になっています。

  1. ローンチする予定のトークン・ファンドへの優先アクセス権を貰える
  2. 開発予定のプラットフォームからの資料を優先的に見ることができる
  3. ポートフォリオ管理のアプリケーションやソフトウェアなどを優先的に利用できる

お得にSwissborg(CSHB)を買いたい人にオススメの取引所

Swissborg(CSHB)は国内の取引所で取り扱っていないため、購入を検討されるのであれば以下の海外取引所がオススメです。

取引所 特徴 サイト
HitBTC 約230種類の通貨を取り扱いっている 公式へ

Swissborg(CSHB)の基本情報

通貨名(シンボル) Swissborg(CSHB)
発行上限 1,000,000,000 CHSB
公式サイト https://swissborg.com/en/
ホワイトペーパー https://swissborg.com/files/swissborg-technical-whitepaper.pdf
ソースコード https://github.com/SwissBorg
Twitter https://twitter.com/swissborg
コミュニティ
The following two tabs change content below.
マサ

マサ

2017年7月から仮想通貨を始める。ビットコイン 、イーサリアム、リップルなど王道の通貨を中心に購入している。

関連記事

  1. 【icoから50倍】OmiseGOの買い方。将来性・特徴・取引所まとめ

  2. 【定番の買い方】ZenCash(仮想通貨)の特徴・将来性・取引所

  3. 【アイオータの今後】IOTの将来性・特徴と取引所での買い方

  4. LTC

    【ライトコインはどうなる?】LTCの将来性・特徴と取引所での買い方

  5. ETH

    【イーサリアムの今後】ETHの将来性・特徴と取引所での買い方

  6. 【エンジンコイン】仮想通貨EnjinCoin(ENJ)の将来性は?買い方と取引所。

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. コインチェック

    【2019、バブル再開か?】コインチェックの口座開設から買い方まで…

    2019.01.01

  2. フィスコ

    【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・…

    2018.12.19

  3. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  4. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  5. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

関連ページ