【定番の買い方】BTG(ビットコインゴールド)の将来性・特徴と取引所

BTG(ビットコインゴールド)は、ビットコインからハードフォークしたことによって、新しく生まれた仮想通貨です。
ビットコインゴールドの基本的な仕組みはビットコインと同じですが、その誕生背景からマイニングの仕組みが一部異なっています。

以下、BTGの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:2017年11月12日のハードフォークによって誕生した仮想通貨
  • 将来性:国内取引所に上場されれば、上昇もあり得る
  • 取引所:国内取引所での取引はなく、海外の取引所のみ

BTG(ビットコインゴールド)の今後や将来性

ニュース

国内取引所での上場は金融庁のホワイトリスト次第

仮想通貨の国内大手取引所として有名なビットフライヤーですが、社長のインタビューで金融庁の仮想通貨リスト(=ホワイトリスト)に掲載されていないアルトコインの取り扱いは基本的にないと発言しました。
この発言から、ビットコインゴールドが今後ホワイトリストに掲載されれば、国内取引所での上場も考えられます。

格付け機関ワイスレーティングのランキングでDプラス

アメリカの独立系格付け機関ワイスレーティングが世界で初めての仮想通貨格付けを発表しました。
発表によるとビットコインゴールドはDプラスとなっており、将来性はあまりないと考えられているようです。
ただし、こういった格付け機関は、個人的にはそこまで信用しないで良いと思います。(お金で格付け順位が変わったりするらしいので・・・)

噂の材料

真偽不明ですが、SNS等で期待されているBTGの噂をまとめています。

ビットフライヤーによるビットコインゴールド付与

ハードフォークが行われると、ハードフォーク以前のアルトコインを所有していたユーザーには、ハードフォーク後のコインが付与されます。
ビットコインキャッシュが誕生した際には、主要な日本の取引所で分裂後のコインの取り扱いを発表していたため、多くのユーザーがビットコインキャッシュを手にしました。

その一方でビットコインゴールドの場合、多くの国内取引所が「投資家の安全確保を確認後の付与」を表明しており、ビットフライヤーも付与及び売買に対応すると表明しました。
しかしその後も対応はとられていないようです。

コインチェックでの付与はどうなるのか

ビットフライヤーと同様にビットコインゴールドの付与を条件付きで発表していたのがコインチェックです。
しかし2018年に入ってからのNEM流出事件等もあり、コインチェックからのビットコインゴールドの付与には絶望的なムードが漂っています。

https://twitter.com/DEG_2020/status/982092964372492288

BitcoinGold(ビットコインゴールド)の特徴を簡単に解説

BTG(ビットコインゴールド)は、2017年11月12日に行われたビットコインからのハードフォークによって新しく誕生した仮想通貨です。

ビットコインは処理速度の遅延であるスケーラビリティ問題やマイニングの問題などが取り沙汰されており、その結果として何度もハードフォークが行われることになりました。
ビットコインゴールドはそうした背景から、マイニングのアルゴリズムに着目したシステムになっています。

マイニングの透明性

ビットコインは取引が正しいかどうかを計算する「マイニング」という仕組みがとられています。
マイニングに成功すると新しくコインが支払われますが、マイニングにはASICという専用のコンピューターと大量の電気が必要になります。
こうした背景から電気代の安い中国で組織的なマイニングが行われるようになり、個人がマイニングに参加する余地はなくなっていきました。

こうした状況に対してビットコインゴールドはASICでマイニングができないようになっています。
その代りGPUという一般的なパソコンにも内蔵されているグラフィックボードを利用したマイニングの方が効率が良いように設計されており、より透明性の高いマイニングを実現しています。

リプレイプロテクション

リプレイアタックとはネットワークにおいてデータが不正に繰り返し送信されたり、遅延されたりすることを指します。
ビットコインのブロックチェーンでは、そもそも複数の送信は行われない仕組みになっていたのでリプレイアタックを心配する必要はありませんでした。

しかしビットコインからハードフォークしたアルトコインの場合、事情は異なってきます。
ビットコインとハードフォーク後のアルトコインは同じ仕組みになっているため、片方のに送金したデータがもう片方のアルトコインでも有効になり、2倍のアルトコインを受け取れることになってしまうのです。

こうした問題を防ぐためのシステムがリプレイプロテクションで、ビットコインゴールドにも採用されています。

お得にBTGを買いたい人にオススメの取引所

BTGは2018年4月時点で海外の取引所でしか取引を行うことができません。
海外の取引所の場合、日本語未対応であったり、国内取引所のような補償がないことが多いので、慎重に取引することが大切です。

取引所 特徴 サイト
Bittrex 約200種類のアルトコインを扱う取引所 公式へ
Poloniex 世界最大級の取引量を誇る取引所 公式へ

ビットコインゴールド(BTG)の基本情報

通貨名(シンボル) ビットコインゴールド(BTG)
発行上限 21,000,000 BTG
公式サイト https://bitcoingold.org/
ホワイトペーパー https://bitcoingold.org/wp-content/uploads/2017/10/BitcoinGold-Roadmap.pdf
ソースコード https://github.com/BTCGPU/BTCGPU
Twitter https://twitter.com/bitcoingold
コミュニティ https://discordapp.com/invite/HmVUU6S
The following two tabs change content below.
マリ

マリ

FXを中心にトレード歴3年。最近は、仮想通貨の銘柄調査に注力している。

関連記事

  1. 【アイオータの今後】IOTの将来性・特徴と取引所での買い方

  2. 【定番の買い方】VEN(仮想通貨)の将来性・特徴とオススメの取引所

  3. 【買い方】Monacoin(モナコイン)の将来性・特徴とおすすめの取引所

  4. 【仮想通貨REP】Augur(オーガー)の将来性・特徴と取引所での買い方

  5. xrp00

    【Apple採用の可能性】リップル(XRP)の特徴・将来性とお得に買える取引所

  6. 【仮想通貨NEX】NeonExchangeの将来性・特徴と買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. コインチェック

    【2019、バブル再開か?】コインチェックの口座開設から買い方まで…

    2019.01.01

  2. フィスコ

    【口座開設まとめ】フィスコ仮想通貨取引(FISCO)の登録・手数料・…

    2018.12.19

  3. liquid-top

    【仮想通貨】Liquid by Quoineの評判・登録方法・手数料・アプリの…

    2018.11.19

  4. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  5. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

関連ページ