【icoから5倍】仮想通貨AIONの将来性・買い方・取引所

AION(エイオン)は、それぞれ独立して運用されているブロックチェーンが相互に利用できることを至上命題にした仮想通貨です。

以下、エイオンの将来性・特徴・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:高い匿名性と秒速の送金スピード
  • 将来性:今後、Ethereum Classicが独自の機能を実装する可能性があり、成長が期待される
  • 取引所:オススメは世界最大の取引所であるBinance

AION(エイオン)の今後や将来性

エイオンのニュース

アメリカ・トロントでAION EXPOを開催

アメリカのトロントで2018年1月から5月2日まで、全13回に渡りAION EXPOが開催されています。

ロードマップ第1フェーズ「kilimanjaro」リリース

2018年4月25日にロードマップの第1フェーズである「kilimanjaro」がリリースされます。このリリースと同時に、Aionメインネットが正式に立ち上げられます。

kilimanjaroリリースイベント4月25日午前10時(アメリカ時間)がライブストリーミングされる予定です

AIONトークンを発行

kijimanjaroリリース後にAIONトークンブリッジが導入され、AIONトークン(ERC-20)が発行される予定です。

AION(エイオン)の特徴を簡単に解説

AION(Aion)の創設者であるMatthew Spoke氏は、元々世界的最大の会計事務所であるデトロイ・トーマツの会計士として働いていましたが、社内のビットコインやブロックチェーンに関する研究チームに入りました。

そこでビットコインの可能性を感じたMatthew Spoke氏は、本格的にブロックチェーンの研究を始めました。ちょうどイーサリアムが誕生した時期でした。
その後、2017年にイーサリアムの技術をビジネスで活用する為のEEAと呼ばれるプラットフォームを立ち上げます。EEAには、「KDDI」「マスターカード」「トヨタ」などの有名な企業が参加しています。

バラバラに存在しているブロックチェーンを繋ぎ合わせる「相互運用」に取り組む

現状、ブロックチェーンが異なる場合、それぞれのブロックチェーン技術で作られたアルトコインに互換性がありません。
分かりやすく解説すると、イーサリアムブロックチェーンで作られたアルトコインとビットコインが結び付けられません。

せっかく様々なコイン・技術が誕生しても技術的な協力や提携が出来ないことは、暗号通貨市場の拡大において大きな壁になってしまいます。
これを解決するべく、AIONプロジェクトが立ち上げられました。
AIONを間に挟むことで、イーサリアムとビットコインが持つメリットを活かすことが可能になります。

これによりビットコインが抱える問題のトランザクションが第3者機関によって解決するきっかけになるかもしれない、全く新しい利用方法が誕生するかもしれないなど、AIONには大きな可能性が秘められています。

信用度の高いメンバーが揃ったメンバーでチームを構成している

AIONプロジェクトの開発チームには社会的信用度の高い企業出身のメンバーが多数参加しています。
米ヤフーの元副社長、イーサリアム財団の顧問、ビットコイン財団の立ち上げメンバーなど合計10名で構成されています。

主な取引先にアメリカ国防総省と取引のある企業やアメリカの著名な仮想通貨関連企業があり、
前述したEEAプロジェクトに多数の大企業が参加していることからも信用度が高いことが分かります。

開発状況をYouTubeで報告している

毎週YouTubeに進捗状況をアップしています。多くの仮想通貨が誕生し、開発が行われていますが、その実態がよくわからないというケースも少なくありません。しかしAIONは開発メンバーがYouTubeで進捗状況を報告しています。
こまめに進捗状況を発信するなど、情報発信を積極的に行っている仮想通貨のプロジェクトはそれほど多くないので、信用のおける仮想通貨でしょう。

AIONチューブチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCu4u9tYEgUyNL9KMgrCZvXQ

AION(エイオン)を買える取引所

Aionの購入を検討されるのであれば、以下の取引所で購入できます。
binanceは2018年3月に金融庁より警告を受けているため、今後の動向に注意が必要です。

取引所 特徴 サイト
binance 世界最大級の取引所 公式へ
HitBTC 230種類以上のアルトコインと取り扱っている 公式へ

AION(Aion)の基本情報

通貨名(シンボル) エイオン(AION)
発行上限 465,934,587AION
公式サイト https://aion.network/
ホワイトペーパー https://aion.network/developers/#whitepapers
ソースコード https://github.com/aionnetwork
Twitter https://twitter.com/Aion_Network
コミュニティ https://www.reddit.com/r/AionNetwork/
ブログ https://blog.aion.network/
The following two tabs change content below.
マサ

マサ

2017年7月から仮想通貨を始める。ビットコイン 、イーサリアム、リップルなど王道の通貨を中心に購入している。

関連記事

  1. 【トロンの今後】TRXの将来性・特徴と取引所での買い方

  2. 【ダッシュの今後】DASHの将来性・特徴と取引所での買い方

  3. 【アイオータの今後】IOTの将来性・特徴と取引所での買い方

  4. 【買い方】Ethereum Classic(ETC)の将来性・特徴とおすすめの取引所

  5. 【ビアコイン】仮想通貨Viacoin(VIA)の将来性は?買い方と取引所。

  6. 【定番の買い方】Lisk(リスク)の将来性・特徴と仮想通貨取引所

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ