仮想通貨Aidos Kuneen(ADK)の将来性・買い方・取引所

Aidos Kuneen(アイドス・キュネーン)はブロックチェーンの技術を使わずに作られた仮想通貨です。
ブロックチェーンの技術ではなく、iMeshという技術を用いて作られています。

ADKはオフショア市場で使われることを目指している通貨で、開発者のRicardo Badoer氏(通称:ドン)はオフショアの世界で長く活躍してきた人物と言われています。

以下、ADKの特徴・将来性・おすすめの取引所をまとめています。

  • 特徴:マイニングが不要のため、取引所手数料が無料。取引履歴を各自で管理する
  • 将来性:市場規模が3,300兆円規模と言われるオフショア銀行市場で利用されることを想定して開発している
  • 取引所:Aidos Kuneen公式の取引所、AidosMarket

アイドスキュネーン(ADK)の今後や将来性

ニュース

アフリカにある2つの銀行の筆頭株主へ

銀行名の発表はまだですが、既にケニアとタンザニアにある2つの銀行の筆頭株主になったことを公表しています。2018年5月5日現在、銀行名は未公表ですが、ドン氏によると5月中旬ごろに銀行名を公表するようです。

how ? his buy order has not been hit. So I say he has faild.

Bank names to be released after the weekend when I have had my last meeting with couple of Important people.

引用:ADKのSlackでのドン氏のコメント

ドン氏はこの2銀行の筆頭株主になった後に、両行を合併させてオフショア銀行を構築することを計画しているそうです。この計画が実現すれば、ADKを用いた銀行が誕生することとなり、世界で注目を浴びることは間違いないでしょう。

 

デビットカードの発行

リトアニアにあるMisterTangという情報通信技術の会社とパートーナーシップを結び、ADKで電子決済が可能になりました。

リトアニアの中央銀行の公式オンラインバンキングで、遠隔地からでも簡単に口座開設が可能になり、さらに口座に紐付いたデビットカードの発行も開始しています。
日本人にはあまり実感がわかないかと思いますが、貧困層やインドのカースト制度で銀行口座を持てない人たちが多く存在し、口座がないことで仕事ができない、現金化するまでに多額の手数料を取られるなど不便を強いられている人たちがたくさんいます。

ADKがMsterTangoで誰でも簡単に口座開設がができるようになり、デビットカードも持てる環境を作ったことは大きな意義があります。

アイドス・キュネーン(ADK)の特徴を簡単に解説

ADKの目的は、世界最大のオフショア銀行を作り、ADKを使えるようにすることです。ここでオフショアについて簡単に解説しておきます。

Wikipediaには以下のように記載されています。

オフショア(Offshore)は岸(shore)から離(off)れ海に流れる風、つまり「陸風」のこと。反対語は、「海風」を意味するオンショア(Onshore)(cf.海陸風)。転じて陸から離れた沖合や、本拠の外の海外のことをさす。

オフショアとは「国または本土の沿岸から遠く離れた地域(海外)」のことです。金融用語で使われるオフショアは「外国人(企業)に対して、租税環境を優遇している国または地域」を指す意味で使われています。

オフショア銀行は「タックスヘイブン(租税回避地)」であり、預けている金額だけではなく、お金を預けていること自体が秘匿されます。

オフショア地域を使うメリットは、税金が無料もしくは通常よりも少額で済むことです。
例えば、タックスヘイブン(租税回避地)のケイマン諸島に対する日本の金融機関の投資や融資残高が、約63兆円に上る(*1)ことがわかるなど、オフショアの市場規模はかなり大きく、そこに切り込むADKは成長の可能性が高いといえます。

(*1)毎日新聞:日本の資金63兆円が租税回避地ケイマン諸島に

iMesh技術(DAG技術)を採用

ADKはブロックチェーンの技術を採用せず、DAG技術の進化系「iMesh技術」を採用しています。DAGはブロック生成をブロックチェーンのように後ろに1つずつ順番に繋げるのではなく、網目状に繋げる特徴があります。

DAG技術を用いたADKは、ブロックチェーンのように「マイナー」によるマイニングが不要です。ADKでは、仮想通貨の取引履歴は各自で管理し、正当性を証明する仕様になっています。
これによりブロックチェーンよりも速く処理することが可能になり、ブロックチェーンの弱点のひとつである、スケーラビリティ問題が起こりにくくなっています。

お得にアイドス・キュネーン(ADK)を買いたい人にオススメの取引所

ADKは独自の取引所を設けており、そこで購入することになります。他の仮想通貨と異なり、市場の取引所に上場はしていません。

取引所 特徴 サイト
Adios Market ADK開発メンバーが立ち上げた取引所 公式へ

アイドス・キュネーン(ADK)の基本情報

通貨名(シンボル) アイドス・キュネーン(ADK)
発行上限 25,000,000ADK
公式サイト http://www.aidoskuneen.com/
取引所 https://aidosmarket.com/
ホワイトペーパー https://slack-files.com/T5JV8LUKC-F8KRWRF7Y-35efdedbc9
ソースコード https://github.com/AidosKuneen
Twitter https://twitter.com/Aidos_kuneen
コミュニティ(有志によるADKに関する情報のまとめ) http://adk.works/jp/

The following two tabs change content below.
マサ

マサ

2017年7月から仮想通貨を始める。ビットコイン 、イーサリアム、リップルなど王道の通貨を中心に購入している。

関連記事

  1. EOS

    【価値のない通貨?】イオス(EOS)の将来性・特徴と取引所での買い方

  2. 【ダッシュの今後】DASHの将来性・特徴と取引所での買い方

  3. 【2ch発の仮想通貨】NANJCOINの将来性・特徴と取引所での買い方

  4. 【定番の買い方】Lisk(リスク)の将来性・特徴と仮想通貨取引所

  5. 【Fintech企業の仮想通貨】NAGAの将来性・特徴と取引所での買い方

  6. 【アイオータの今後】IOTの将来性・特徴と取引所での買い方

CryptoGT【レバレッジ200倍】

驚異のレバレッジ200倍。追証無しなので初心者でも安心して取引できます。今だけ20%キャンペーン実施中。

 

➡︎CryptoGT(クリプトジーティー)の登録方法


CryptoGT①

 

BITPoint【キャンペーン中】

初めて仮想通貨をするなら手数料無料・返金保証有のBITPoint。今だけ3000円分のビットコインを全員にプレゼント中です。

 

➡︎BITPoint(ビットポイント)の登録方法

 

bitpoint-rec1

  1. bitpoint-auto-trade1

    【BITPointでFX】MT4・API・自動売買までやり方を紹介します

    2018.09.17

  2. bitpoint-feetop1

    BITPoint(ビットポイント)の取扱通貨・レバレッジ・手数料を解説

    2018.09.06

  3. bitpoint-top2

    【本田圭佑起用の取引所】BITPoint(ビットポイント)の評判・メリ…

    2018.08.28

  4. bitpoint-top1

    【キャンペーン中】BITPoint(ビットポイント)の口座開設・登録方…

    2018.08.28

  5. quorea-reputation1

    QUOREA(クオレア)の投資運用実績・評判・メリット・デメリット

    2018.08.20

関連ページ